Amazonブラックフライデー開催中です。こちらから購入頂くと当サイトの運営の応援に繋がりますので、よろしければ是非!!

AMD、11億ドルの売上高減を警告、PC市場の低迷を理由とする

AMDは、第3四半期決算の一部を事前発表し、売上高予想を67億ドルから11億ドル減の56億ドルに修正した。また、非GAAPベースの売上総利益率は50%となり、予想の54%から低下すると投資家に警告した。同社は、コンシューマー向けPC市場の売上が予想を下回り、PCのサプライチェーンで大幅な在庫調整が行われたことを理由に挙げている。しかし、データセンター、ゲーム、組み込みの各セグメントは、依然として予想通りの業績を上げているとしている。

AMDは今回の警告により、収益見通しを前年比成長率55%から29%に引き下げたため、逆風にもかかわらず拡大を続けることになる。AMDは特に、クライアント・プロセッサの出荷量の減少と平均販売価格(ASP)の引き下げを、収益未達の原因として訴えた。この問題は、需要の後退に伴う在庫の膨張により、インテルやNVIDIAなど他の半導体メーカーも頭を悩ませている。

過剰な在庫は、小売店やOEMメーカーに在庫を移動させるために値下げを強い、その結果、ASPが低下する。ASPの低下は、AMDの売上総利益率の低下にもつながり、現在54%から50%になると予想されている。AMDはまた、「グラフィックスとクライアントビジネスにおける在庫、価格、および関連する引当金」として1億6,000万ドルを計上する予定だ。

AMDは、デスクトップCPUの売上が過去30年間で最低となったにもかかわらず、インテルから市場シェアを奪い続け、売上が前年比70%増となった第2四半期の素晴らしい業績の後だっただけに、より印象づけられた格好だ。しかし、同社の第2四半期の業績は、潜在的に迫っている問題を予感させるものだった。ほとんどのアナリストは、同社の第3四半期の売上高が予想を下回ると見ていたようだ。

uJLEkRzPMCgBLE4Sqhsyoc 1200 80.png
(Image credit: AMD)

AMDの修正予想では、コンシューマ向けCPU事業を構成するクライアントビジネス部門は、前四半期比53%減、前年同期比40%減となる見込みだ。一方、コンシューマ向けGPU事業を含むゲーム事業は横ばいとなる。

AMDのCPU事業が最も影響を受けるが、同社は1億6,000万ドルの費用には、グラフィックス事業で実施した措置も含まれると述べている。

AMDの競合他社は、CPUとGPUの両分野で、PC市場の低迷とそれに伴う在庫調整により、最近同様の収益不足に陥っている。8月には、NVIDIAが暗号マイニングの崩壊に伴うGPUの売上急落により14億ドルの損失を事前に発表し、最終的に四半期業績が悪化したため、同社の株価が大きく下落することになった。CPUの大手であるインテルも、売上が17%減少したため、5億ドルの損失を出し、数十年ぶりに四半期損失を計上した。

インフレやサプライチェーンの混乱など、複数の経済要因が世界中の市場を動揺させ、PC市場の急速な減速の舞台となった。AMDは、2022年11月1日の決算説明会で、格下げと今後の見通しに関する詳細な情報を共有するとしている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする