ソニーがモバイルゲームスタジオ「Savage Game Studios」を買収

Sonyは、ベルリンとヘルシンキを拠点にモバイルプラットフォーム向けアクションゲームの開発に注力するゲーム開発チーム、Savage Game Studiosを買収したことを発表した。今年初めにDestinyの開発元であるBungieを買収したのに続き、PlayStationはまた新たな大型スタジオを買収したことになる。Sonyは「契約上の約束」により売却価格を明らかにしていないたが、Savage社の買収は「PlayStation」の「追加プラットフォーム」展開の一環であると述べている。これは、Sonyがモバイル市場への進出も計画していることに続くものだ。同社はモバイル市場は非常に大きな利益を生むと見込んでいる。

買収に際し、CEO兼共同創設者のMichail Katkoff氏は、以下のように述べている。

2020年に設立されたSavage Game Studiosは、私と共同設立者のNadjim AdjirとMichael McManusが、長年に渡るモバイルゲーム開発経験と、世界的に大ヒットした数々のIPから生まれました。私たちのビジョンは、実験とリスクを避けるのではなく、むしろ積極的に受け入れる創造的な空間でした。私たちは皆、大きなスタジオで働いた経験があり、豊富なリソースの利点を尊重しながらも、小規模で軽快であり続けたいと考えていましたので、自分たち自身のショットを決定することができました。

“それならなぜ、PlayStation®Studioに?” と思われるかもしれません。私たちは、、PlayStation Studioの経営陣が、私たちのビジョンを尊重し、チャンスを逃さないことを信じて、この契約を結びました。さらに、PlayStationの素晴らしいIPカタログを利用できる可能性があること、彼らだけが提供できるサポートを受けられること……答えにくい質問ですが、”なぜしないのか “ということです。

Savage Game Studiosを代表して、お招きいただきありがとうございます。私たちが取り組んでいるものをお見せするのが待ちきれません。

また、PlayStation Studio部門の責任者であるHermen Hulst氏は、モバイル向けの取り組みが、既存のコンソールゲーム機や拡大するPC向けの取り組みを奪うものではなく、新たに加えられるものであると述べ、ファンを安心させている。Savageは、すでにAAAのライブサービスアクションゲームを開発中とのことだ。

「以前、一部のタイトルをPC向けに提供する計画をお知らせしましたが、コンソールゲーム以外の取り組みによって、プレイステーションコミュニティへのコミットメントや、素晴らしいシングルプレイヤー、ストーリー主導の体験を作り続けるという我々の情熱が弱まることはありません」とHulst氏は語っている。

PlayStationの2022年は合併や買収の多い年だったが、その多くがモバイルスタジオに焦点を当てたものだった。モバイルはコンソールやPCよりも大きな存在だからだ。2022年はGTAのTake-Twoが『FarmVille』のスタジオであるZyngaを127億ドルで買収したことから始まり、これはわずか1ヶ月後にMicrosoftがActivision Blizzardを687億ドルで買収すると発表するまで、ゲーム史上断トツの買収額だった。MicrosoftがActivision Blizzardを狙ったのは、何よりもまず『キャンディクラッシュ』の制作元であるKingを通じてモバイル空間への足がかりを得るためだったと認めている。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする