あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelのファウンドリ部門がMediaTekのチップ生産契約を獲得

IntelとMediaTekは本日、戦略的パートナーシップを発表し、設立間もないIntel Foundry Services(IFS)が、2021年に第4位のチップ設計企業であるMediaTek向けに、さまざまなスマートエッジデバイス用のチップを製造することを明らかにした。Intelは、22FFLノード(低電力デバイス向けに最適化されたレガシープロセス)の改良版である「Intel 16」ノードでチップを製造する予定だ。

MediaTekのスマートエッジデバイス向けにチップを製造する予定

MediaTekは現在、ファウンドリ・サービスのほとんどをTSMCに頼っているが、米国と欧州の両方で生産能力を増やすことで、サプライチェーンの多様化も目指している。IntelのIFSは、両地域に施設を有しており、その条件に合致しています。Intelは、複数の技術やアプリケーションにまたがる長期的なパートナーシップを期待しているとしている。MediaTek製品の出荷時期について、Intelは明言していないが、「Intel 16」ノードは2022年に顧客向けのテープアウトが可能になり、その後2023年初頭に最初のボリュームランプが利用できるようになるとされている。また、MediaTekは現在、年間20億個以上のデバイスを製造しているが、そのうち何個がすぐにIntelのファウンドリからもたらされるかも明らかではない。

世界中で製造されているプロセッサの圧倒的多数は、古いレガシーノードをベースにしており、Intelが4年以内に5つの新しいノードを約束するプロセスノードロードマップを実行しようとしている最先端の技術ではない。

MediaTekが計画しているスマートエッジデバイスは、2018年に出荷を開始したIntelの成熟した22FFLノードの改良版である「Intel 16」プロセスと相性がいい。22FFL(FinFET Low Power)プロセスは、依然として高い性能を発揮する低コスト・低消費電力チップ向けに最適化されており、同時に設計の簡素化により市場投入までの時間を短縮することも可能だ。

「Intel 16」ノードでは、22FFL技術をさらに近代化し、サードパーティのチップ設計ツールのサポートを追加した。これは、Intelが内部で使用している独自の設計ツールとは対照的なものだ。IFSにとって、チップ設計にサードパーティのEDA(Electronic Design Automation)ソフトウェアをサポートすることは、チップ設計者を自社の製造サービスに引き込むことを計画する上で、重要な前進となる

IntelがIntel Foundry Services(IFS)部門に200億ドルの資金を投入することを決定したのは、同社がMediaTekなどのチップ設計者に製造サービスを提供することで、長年にわたる衰退を覆そうとしているためだ。IFSには勢いがあり、すでにQualcommとAmazon Web Services(AWS)を最初の顧客として契約し、米国国防総省からも契約を獲得している。また、NVIDIAからも関心を持たれている。

しかし、最初の顧客だけではサードパーティファウンドリの繁栄を築くことはできないため、Intelはこのイニシアチブの強化に多額の投資を行っている。Intelは、54億ドルを投じて既存のサードパーティ・ファブであるTower Semiconductorを買収している。Tower Semiconductorは、膨大な顧客ポートフォリオを持つトレーリング・エッジ・ノードの大量生産の専門企業で、TSMCからSuk Lee氏などのベテランリーダーを採用して、設計技術のエコシステムを拡大させている。また、RISC-Vエコシステムに10億ドルを投入し、必要に応じてArmチップを製造することを約束し、顧客がカスタムデザインを構築するために独自のx86 IPをライセンスするなど、視野を広げている。

MediaTekとの提携をリストに加えたことは、Intelがファウンドリビジネスモデルに適応していく上で、もう1つの重要な成果である。MediaTekは現在、TSMCと提携してチップのほとんどを生産している。それでも、Intelの最初の提携がTSMCのビジネスの多くを奪うことはなさそうで、両社は今日の発表で財務情報を開示していない。しかし、Intelは現在、別の大規模なチップ設計者との提携に足を踏み入れており、将来的にさらなる機会を得る余地が残されている。

この取引はまた、今週上院で最終投票が予定されている520億ドルのチップ製造補助金法案を動かすことにもつながるだろう。Intelはこの法案がまとまることがない場合、米国内での投資を引き上げ欧州に生産拠点を構築すると議会に揺さぶりをかけている

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

関連コンテンツ

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする