AMDのNavi 31は384ビットのメモリインターフェイスを採用

AMDがRDNA 3アーキテクチャを採用した次期Radeon RX 7000シリーズグラフィックスカードのドライバサポートを開始する中、AMDの次世代フラッグシップGPUが、どうやら384-bitメモリインターフェイスを搭載することが明らかになった。

VideoCardzがFreedesktopで公開されたAMDドライバのパッチコードから発見された情報によると、AMDのコードネームNavi 31グラフィックプロセッサ(AMDのドライバではSoC15と呼ばれている)は、6つの64ビットMCD(Memory Controler Die、AMDの新しいメモリコントローラの呼び名)をサポートしているとのことだ。

これまでAMDはGDDRとHBMのメモリサブシステムに対してUMC(Unified Memory Controller)という用語を使用していたため、AMDがメモリコントローラを表現するためにMCDという用語を使用するのはこれが初めてとなる。ダイという言葉から、メモリコントロール用に特別なダイを用意しているのか想像されるが、AMDのNavi 31がメモリコントローラに別々のダイ(つまりチップレット)を使っているかどうかは、不明だ。

AMD NAVI 31 GPU
AMD Navi 31 chiplet design,(出典:@Olrak29_ & @AMDGPU)

PCのメモリインターフェイスは通常64-bit幅なので、64-bitのコントローラを6個搭載すれば、AMDのNavi 31は384-bitのメモリとなるが、これはNavi 21に比べて50%増となる。AMDの次世代GPUは、当然ながら現行GPUよりも演算能力が高いので、より広いメモリ帯域が必要になるはずだ。メモリインターフェイスの幅を広げるのは理にかなっているが、Infinity Cacheを増やせば十分な面もあるだろう。

これは、Radeon RX 6900 XTの512GB/sと比較して大幅に広い帯域となり、RX 6950 XTの576GB/sと比較しても50%増だ。

より広いメモリインターフェイスは、ダイスペースを取るため、実装に比較的コストがかかる。もし、AMDのNavi 31が本当に384-bitメモリバスを搭載するなら、それは間接的に、AMDが次期フラッグシップGPUを現世代のNavi 21より上位に位置づけることを意味する。それが、AMDの次世代フラッグシップの価格の上昇を意味するかは不明だが、その可能性があることは確かだ。

いつものように、非公式のソースからの未確認情報を扱っているので。AMDは未発表の製品についてコメントするつもりはなく、ソースコードのパスは最初の変更後に編集されている。確かなことは、RDNA 3が何らかの形でGPUチップレットを搭載することと、GPUコアがTSMCの5nm N5プロセスで作られることぐらいだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする