スマホ向けチップセット製造はTSMCとSamsungで99.9%のシェアを占める

CounterpointのFoundry and Chipset Trackerによると、世界最大のファウンドリであるTSMCと、Samsung Foundryの2社によって、世界のスマートフォン用チップセットの製造が引き続き複占されている事が判明した。そして、更にTSMCのシェアが圧倒的だと言うことも。

TSMCが7割近いシェアを獲得、Samsungの2倍以上となる

世界最大のファウンドリであるTSMCは、システムオンチップ(SoC)からディスクリートのアプリケーションプロセッサ(AP)やセルラーモデムまで、スマートフォンに入る主要チップセットの製造において約70%のシェアを獲得していることが分かった。また、Samsung Foundryは、TSMCに次いで2番目に大きなファウンドリで、世界のスマートフォン用チップセットの30%のシェアを獲得している。この2社で市場の99.9%を占めており、ほぼ複占状態であるといえるだろう。

Global Smartphone Chipset AP SOC Shipment Share by Foundry Q1 2022
2022年第1四半期のスマートフォン向けチップセット出荷ベースのシェア(出典:Counterpoint)

ただし、スマートフォンチップセットの製造に使用される高度なノード(4nmと5nm)に関しては、このシェアが逆転し、Samsungが第1四半期に60%のシェアでリードしていることが分かった。

1年前にSamsung Foundryが先端スマートフォンチップセット製造の8.6%しか確保していなかったことを考えると、これは大きなステップアップと言える。

Leading Nodes share of Smartphone Chipsets shipments
2021年第1四半期と2022年第1四半期の先端ノードチップセット出荷ベースのシェア(出典:Counterpoint)

要因としては、スマートフォンのチップセットだけを見ると、QualcommがX60ベースバンドにSamsung Foundryを選んだため、TSMCは2022年第1四半期から年間9%の減少を記録している。更に、自社のチップセット「Exynos」シリーズがあることも大きいだろう。

業界関係者は、Samsungの4nmプロセスノードの歩留まり率が比較的低かったにもかかわらず、市場において優位に立ったのはQualcomm Snapdragon 8 Gen 1の受注とGalaxy A33およびGalaxy A53に搭載された5nm Exynos 1280に大きく牽引されたことが大きいのではないかと述べている。

Samsungは最近3nmの製造に移行し、TSMCより先行しており、TSMCは今年後半に独自の3nm製造ラインを開始する予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする