あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

2022年のスマートフォン市場は過去最大の出荷台数減少に見舞われ、すべての主要OEMが2021年と比較して前年比マイナス成長となった。

市場調査会社IDCによると、Samsungは2022年に2億6,690万台のスマートフォンを出荷し、21.6%の市場シェアを占めトップとなった。2位はAppleで、出荷台数は2億2,640万台、シェアは18.8%だった。3位は、2022年を通して1億5,310万台のスマートフォン出荷台数を記録し、世界市場シェア12.7%を獲得したXiaomiが獲得した。

ちなみに、2021年のSamsungのスマホ出荷台数は2億7,210万台、AppleとXiaomiはそれぞれ2億3,580万台、1億9100万台であった。

2022年出荷台数2022年市場シェア2021年出荷台数2021年市場シェア前年比
Samsung260.921.6%272.120.0%-4.1%
Apple226.418.8%235.817.3%-4.0%
Xiaomi153.112.7%191.014.0%-19.8%
OPPO103.38.6%133.69.8%-22.7%
vivo99.08.2%128.39.4%-22.8%
その他362.730.1%399.129.3%-9.1%
合計1205.5100.0%1359.8100.0%-11.3%
出荷台数の単位は100万台 (出典: IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker、2023 年 1 月 25 日)

2022年の市場シェアとスマートフォン出荷台数ではSamsungが首位を維持したが、特に第4四半期はAppleが首位に立った。AppleはiPhoneの新モデルをリリースしたおかげで、第4四半期がAppleの最良の四半期であることを考えれば当然だろう。

iPhone 14シリーズのおかげで、Appleは2022年第4四半期に24.1%の市場シェアを確保した。同社は最終四半期に7,230万台の携帯電話を出荷した。2位はSamsungで、出荷台数は5,820万台、市場シェアは19.4%だった。そして3位はXiaomiで、世界で3,320万台の出荷を記録し、市場の11%を占めた。

IDCの速報データによると、2022年の世界のスマートフォン市場は過去最悪の11.3%の減少に見舞われた。さらに言えば、通常、割引きなどの魅力的な販売キャンペーンや、新製品の登場によって出荷台数が伸びるホリデー四半期に、全世界の出荷台数が前年同期比で18.3%減少した。すべてのOEMを合わせた2022年第4四半期の総出荷台数は、3億30万台まで落ち込んだ。

2022年第4四半期 出荷台数2022年第4四半期 市場シェア2021年第4四半期 出荷台数2021年第4四半期 市場シェア前年比
1. Apple72.324.1%85.023.1%-14.9%
2. Samsung58.219.4%69.018.8%-15.6%
3. Xiaomi33.211.0%45.012.2%-26.3%
4. OPPO25.38.4%30.18.2%-15.9%
5. vivo22.97.6%28.37.7%-18.9%
その他88.329.4%110.230.0%-19.8%
合計300.3100.0%367.6100.0%-18.3%
出荷台数の単位は100万台 (出典: IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker、2023 年 1 月 25 日)

ただし、この状況について、IDCのWorldwide TrackerチームのリサーチディレクターであるNabila Popal氏によれば、「この四半期は、セールやプロモーションが盛んだったため、出荷台数が伸びたというよりも、既存の在庫が枯渇してしまったのです。ベンダーは、収益性を重視する一方で、出荷と計画にはますます慎重になっています。これまで無縁に見えたAppleでさえ、中国の主要工場で予期せぬ操業停止が発生し、サプライチェーンに支障をきたしました。この年末商戦からわかることは、インフレ率の上昇とマクロ的な懸念の増大が引き続き個人消費を予想以上に抑制し、回復の可能性を2023年末に先送りしているということだ。」とのことで、需要の減少だけが出荷台数の減少を招いたのではない可能性がありそうだ。

とはいえ、実際に消費者の需要が大きく落ち込んでいることには変わりはない。

IDCのWorldwide Quarterly Mobile Phone Trackerのリサーチ・ディレクターであるAnthony Scarsella氏は、「ほとんどの主要市場で40ヶ月を超えて更新率が上昇する中、消費者需要の減少を目撃し続けている。2022年は年間11%以上減少しており、2023年は、ベンダーが端末のポートフォリオを見直し、チャネルが過剰在庫を抱えることを考え直す、注意深い年になると思われます。しかし、消費者にとっては、アップグレードを促進し、より多くの端末(特にハイエンドモデル)を販売するための新たな方法を市場が考えるため、2023年まで、さらに手厚い下取りキャンペーンやプロモーションが続くかもしれません。」としており、企業による販売努力が続く可能性が示唆されている。

Samsungは、2月1日にGalaxy S23フラッグシップシリーズの発表を控えているため、2023年第1四半期は前四半期と比較してより高いスマートフォン販売台数を記録することが期待されるが、実際に同社は早速割引きや予約特典などの魅力的な販売を計画しているようだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする