Zoomユーザーから、会議終了後にもMacのマイクがオンになったままであるとの報告(修正済み)

masapoco
投稿日 2022年2月19日 5:36
MacBookのZoomアプリでビデオ会議をしているイメージ画像

ビデオ会議アプリ「Zoom」において、macOS Montereyを使用するMacユーザーから、「通話終了後もZoomアプリがマイクのスイッチを切らないバグがあることを発見した」と報告があることを、The Registerが報じました

Zoomはコロナウイルスの大流行時に大きく成長したため、大規模に使用された場合にのみ顕著になる問題が以前から発覚していました。一部の問題は、同社の努力とAppleの介入により解決されたかに見えました。

ですが今回、The Registerは、Zoomでの通話終了後にMacのマイクがオンのままであることを発見したと報告しています。 この問題は、マイクが使用されていることを示すAppleのオレンジ色のドットアイコンが表示されたままである事から発見されました。

Zoomの最新アップデート後、通話後もオレンジのドットアイコンが点灯したままになっているようで、これはマイクがオンのままでいることを意味します。

今のところ、どれだけのユーザーが影響を受けているかは分かっていません。Zoomの広報担当者は、同社は「この件は調査中です」と述べています。

※2022年2月12日16時追記 上記問題についてはアプリケーションのアップデートにより修正されたとのことです。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • AirTag Leather loop
    次の記事

    AirTagの追跡性能とプライバシー機能について夫を使って実験した記者の話

    2022年2月19日 5:44
  • 前の記事

    Apple AirPodsとBeatsで米国のヘッドフォン市場で50%のシェアを獲得

    2022年2月19日 5:34
    airpodspro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事