『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』を60FPSで動作させられるSwitchエミュ「Yuzu」が大幅なパフォーマンスアップを実現

masapoco
投稿日 2023年5月12日 5:35
nintendo switch yuzu pc

Yuzu Switchエミュレータの最新ビルドでは、ローエンドAPUとハイエンドセットアップの両方で、最大87%の大幅な性能向上が実現されている。

このオープンソースの無料Switchエミュレーターは、2018年にリリースされて以来、着実に歩みを進め、素晴らしい進歩を遂げている。そして今回、パフォーマンスと互換性が大幅に改善されただけでなく、ローカルのワイヤレスマルチプレイヤーの実装にも成功した。実際にこのエミュレーターは、本日発売の『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』を60FPSで動かすこともできるのだ。

Yuzuチームは4月の進捗状況を発表し、その中で、実施されたいくつかの変更について詳述した。最近のビルドで最も大きな変更点の1つは、古いバッファキャッシュのほとんどが書き換えられ、最大87%(平均50%)の性能向上と、通常のGPU精度での印象的なレンダリングを実現したことだ。この変更以前は、ほとんどのタイトルで、正しくレンダリングするためにHigh GPU精度が必要だった。「さらに、このすべてのワザは、帯域幅の使用を削減し、ローエンドのAPUからハイエンドの獣まで、すべての人のパフォーマンスを最大87%(平均50%)向上させる」と、このプロジェクトのチームはブログ投稿で述べている。また、最も人気のあるSwitchゲームの比較統計も掲載されており、メインラインのビルド1407と比較して、新しいYuzuビルドでFPSが向上していることが強調されている。チームによって指摘されたように、メインラインの1407ビルドはHigh GPU精度を使用し、メインラインの4121ビルドは通常のGPU精度を使用している。特に『ポケットモンスター ソード』、『ポケットモンスター レジェンズ:アルセウス』、『マリオ オデッセイ』、『ゼルダの伝説 夢を見る島』、『メトロイドプライム リマスター』、『ゼルダ ブレス オブ ザ ワイルド』といったタイトルで、大きな躍進を見せている。

Zen 4 3D V-cacheチップを使用している人は、3Dでない7900Xで90FPSを達成することもあり、さらに高いFPS数値を期待できるとチームから言及されている。 最近のYuzuビルドでは、HDR対応ディスプレイでプレイするWindows 11ユーザー向けにAuto-HDRが追加されているのも嬉しい点だ。これは自動的にHDRを有効にし、ダイナミックレンジを改善し、ボーダーレスの最適化を提供し、入力ラグ、フレーム同期などを改善する。 その他にも、チームが行った変更点や改善点はたくさんあり、4月のレポート全文で詳述されている。Yuzu Switchエミュレータは、現在、ここから無料で入手できるが、PCでエミュレートしたいSwitchゲームのコピーを合法的に所有する必要があることは言うまでもない。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Android Android14DPI 4209x1253
    次の記事

    「Android 14」ベータ版第2弾がリリース

    2023年5月12日 6:05
  • 前の記事

    Google、Flutter 3.10を発表し、WebアプリとWebAssemblyのサポートを拡大

    2023年5月11日 16:02
    flutter 310

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事