Apple Watch Series 8には体温測定センサーが搭載される?

masapoco
投稿日 2022年7月4日 5:17
apple Watch sensor

2022年秋に発売されるであろうApple Watch Series 8は、うわさではデザイン以外の機能面での改良がなさそうだと言われていたが、新たな情報では「体温センサー」が搭載される可能性があるとのことだ。

Source

体温の上昇を検知し、体温計を使うことや医師へ相談することを促してくれる

Bloombergの記者 Mark Gurman氏によると、彼の最新の情報では新しいApple Watch Series 8には「体温測定用のセンサー」が搭載され、体温検出機能が搭載される可能性が高いとのことだ。

この体温検出機能は、Series 8及び、うわさのエクストリームスポーツ向けバージョンに搭載されるが、同時に発売されるApple Watch SE2には搭載される可能性が低いようだ。

また、体温検出機能自体も、具体的な数値が表示される物ではなく、通常よりも体温が高く、体調不良の可能性があることを通知するのみにとどまるようだ。

体温機能は、おでこや手首の体温計のような具体的な数値は表示しませんが、熱があると思われる場合は教えてくれるはずです。そして、医師に相談したり、専用の体温計を使うことを勧めるかもしれません。

Mark Gurman – Bloomberg

これは、具体的な数値を検出するにあたっては、まだアルゴリズム等の問題が解決できていないと言うこともあるだろうが、体温計のように医療機器としての認可を受ける必要も絡んでおり、機能の実装が出来ない可能性が高そうだ。

また、Apple Watchの一部モデルではディスプレイの性能が向上しており、より表示が明るくなるようだとの情報も報告されている。

うわさでは、新しいApple Watchは3つのモデルが新しいiPhoneと同時に今秋リリースされるとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • airpodspro
    次の記事

    AirPods Pro 2は体温センサーや心拍数モニターは搭載されない可能性が高い

    2022年7月4日 6:43
  • 前の記事

    30年の寿命を超えるペロブスカイト太陽電池の開発に成功

    2023年8月25日 10:05
    30yr Perovskite Solar Cell Loo featured for web 3000x1688px

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事