なぜ今、人類が月への影響を考えるべきなのか?

The Conversation
投稿日
2024年2月5日 8:57
moon and earth

人類は常に空を眺め、星を航海の道しるべとして、あるいはスピリチュアルな物語を語るために使ってきた。あらゆる人類文明が星に目を向け、天体の動きを利用して時間を測り、意味を見出してきた。

この飽くなき知識欲と技術の進歩が相まって、私たちは宇宙旅行を夢見ることができるようになった。こうした夢は、第二次世界大戦、産業革命、冷戦、そして地球資源の大規模な搾取を経て、ますます現実味を帯びてきた。

宇宙旅行の夢は、ソ連によるスプートニク1号の打ち上げで小さく始まり、1969年のアメリカのアポロ月面着陸でエスカレートした。

それから60年後、宇宙旅行月や火星へのミッション月での採掘などの計画が急ピッチで進められている。

月面の貴重な資源を探し出し、投資家が必要な探査や採掘作業を行うのを支援する民間企業、Lunar Resources Registryはこう指摘する:「宇宙開発競争は宇宙産業化へと進化している。

NASAによれば、「月には、水、ヘリウム3、電子機器に使われる希土類金属など、何千億ドルもの未開発資源が眠っている」。

人新世の夜明け

地球環境の持続可能性をさまざまな側面から研究している学者グループとして、私たちはこうした開発のスピードと、資源開発が月や宇宙の環境に与える影響に警鐘を鳴らしている。

国際的な地質科学者の間では、第二次世界大戦後、人間の活動が地球を大きく変化させたことを反映し、新たな時代「人新世(Anthropocene)」を求める動きがある。

地層学者(岩石や堆積物の層を研究する地質学者)は、地質学的記録から人間活動の地球規模での影響を探す。彼らの研究によれば、人新世の出発点は1950年代であり、核実験による放射性降下物から始まったとされている。

人類に衝撃を与え、私たちが地球にもたらしたような宇宙での大規模な破壊を防ぐためには、月の地質学的時間スケールに「月の人新世」を加えることが効果的かもしれない。

月の人新世のケースは興味深い。人類が月面に初めて接触して以来、人為的な影響が見られるようになったと言える。この影響は劇的に増加する可能性が高い。これは、月の新しい地質学的エポックを正当化する根拠として提示されている。

地球にダメージを与える

この新しい “人類エポック”は、地層学者だけでなく、他の分野の研究者の間でも盛んに議論されている。人文科学の研究者やアーティストにとって、人新世の重要性は、この概念が地球のシステムを転換点に導いた人間の責任を喚起する力を持っていることにある。

歴史家のChristophe BonneuilとJean-Baptiste Fressozは、『The Shock of the Anthropocene』の中で、新たな人類の時代は、採取主義、消費、浪費に依存する社会政治経済を牽引してきた技術科学の進歩が、現在私たちが地球上で測定している損害の程度をもたらしたことを認識する必要があると論じている。

何千年もの間、ほとんどの社会は生存のために自然界との関係の重要性を理解していた。しかし、先進国における工業化と際限のない経済成長は、この関係を破壊してしまった。

例えば、かつて木は木材や食料、木陰などを提供するものとして尊重されていた。過去100年間に伐採された木の本数は、それ以前の9,000年間に伐採された木の本数を上回っている

月の人新世

そして今、人類による影響の時代である人新世は、月にも到来しつつある。

NASAの推定によれば、月にはすでに22万7000キロの人類のゴミが散乱しており、そのほとんどは宇宙探査に使われたもので、月面バギーやその他の装備品、排泄物、彫像、ゴルフボール、遺灰、旗などが含まれる。

月探査ミッションの増加や月からの資源採取は、月の環境を破壊しかねない。人類はこの “天然資源 “のコレクションを利用し、現在の第6の大量絶滅の崖っぷちに立たせるのに十分な廃棄物と劣化を生み出してきたのだ。

私たちの使い捨て社会は、地球上だけでなく、今や月や宇宙でも生息地の破壊につながっている。私たちは、本当に必要なものは何かを考え直さなければならない。生物多様性や自然の生命への貢献を含む、完全に機能する地球システムがなければ、私たちは生き残ることができないだろう。

注意を喚起し、月面に衝突する可能性のある行為者に先制的な衝撃を与え、責任感を喚起することを意図しているのであれば、月の人新世と名付けるのは適切なタイミングかもしれない。そうすることで、私たちが地球上で引き起こし、今も目撃し続けているような、広範囲にわたる不注意な破壊を防ぐことができるかもしれない。


本記事は、Christine Daigle氏、Jennifer Ellen Good氏、Liette Vasseur氏らによって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Why now is the time to address humanity’s impact on the moon」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • image1
    次の記事

    Google、スマホ上で動作し0.5秒で画像を生成するAI「MobileDiffusion」を発表

    2024年2月5日 9:16
  • 前の記事

    ドバイの新たな「One Za’abeel」は並外れたキャンティレバー構造を持つ現代建築の驚異だ

    2024年2月5日 7:01
    One Zaabeel1 1
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • nasa HULC test

    NASA、アルテミス宇宙飛行士の月面撮影にNikonのミラーレスカメラ「Z 9」を採用

  • JAXA SLIM

    驚き!日本の月着陸船SLIM、凍てつく月の夜の後に目覚める

  • 2024 ph i carpenter graphic

    月の望遠鏡でどんな天文学が可能か?

  • 240223 crater scaled 1

    オデュッセウス月着陸船、転倒するもデータは送信中

今読まれている記事