あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

VMwareがAppleシリコンMac上でWindows 11のフル3Dアクセラレーションを実現

VMWareは、仮想マシンと仮想OSを作成・管理するための主要なプラットフォームの1つであり、VMWare Fusionは、ホストとなるmacOSシステム上で動作するように特別に設計されたソフトウェアハイパーバイザーである。同社が発表した新しいアップデートでは、Appleシリコン搭載Macにおいて、ほぼネイティブなWindows 11体験をもたらすことを実現しているとのことだ。

ArmベースのAppleシリコンチップは、特にゲームに関しては、Macユーザーがソフトウェアを実行する方法に大きな変化をもたらした。従来のx86アプリケーションとの互換性は、現在ではVMルートを通らなければならず、あらゆる使用ケースでネイティブのようなパフォーマンスを得られる可能性はない。しかし、Windows 11のArmバージョンについては、VMWareが最近発表した改良のおかげで、状況は明るくなってきている。

Apple Mシリーズのチップ上で動作するように特別に設計されたVMマネージャーであるVMware Fusionは、macOSプラットフォーム上の仮想化ソフトウェアに「大きな飛躍」をもたらす新しいTech Preview 2023をリリースした。

VMware Fusion Tech Preview 2023は、新たに導入されたフル3Dアクセラレーションのサポートにより、macOSホスト上でのArm版Windows 11の仮想化を「劇的に」改善する。

フル3Dハードウェア・アクセラレーションは、Fusionプラットフォームに新たなレベルのグラフィックス性能を提供し、ユーザーは「フルDirectX 11 3Dゲーム」やアプリケーションを「圧倒的な」スピードで実行できるようになるとVMWareは述べている。ゲストOSのインターフェイスの応答性も向上し、オートフィットにより解像度の変更もほぼ瞬時に行えるようになった。

wddm windows arm

互換性はArmチップ上で動作するように設計されたソフトウェアに限られるとはいえ、ゲーマーはFusionに搭載される新しいグラフィックスの改良を歓迎するに違いない。VMWareは、フル3Dアクセラレーションが、ゲーム/マルチメディア体験と生産性タスクの両方において、Arm上でのWindows 11体験全体をいかに向上させることができるかを強調している。

VMware Fusion Tech Preview 2023では、VMware Toolsのサポートも強化されている。VMware Toolsは、ゲストOSとのシームレスな統合を実現するためにISO形式でリリースされるサービスやモジュールのセットである。VMWareは、Fusionがx86版の仮想化プラットフォームですでに利用可能だったVMWare Toolsの機能の「大部分」を提供できるようになり、「劇的な」改善があったと述べている。

Tech Preview 2023で提供されるその他の重要なアップグレードには、「ありえないほど高速」なドラッグ&ドロップ機能とMacとWindows 11間のクリップボード共有、バグ修正によるセキュリティ強化、パフォーマンス・オーバーヘッドを低減しながら「最大限の保護」を実現する暗号化スキームの改良(CBCの代わりにXTS)が含まれる。VMWareによると、VMWare Fusion Tech Preview 2023はすでにダウンロード可能で、Appleシリコンシステムにインストールできる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする