あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米司法省は、8つの州と共に、デジタル広告における反トラスト法違反を主張し、”Googleの独占的な市場支配を解く”ためにGoogleを提訴した。ヴァージニア州の連邦裁判所に提出された訴状の中で、司法省は、「Googleの反競争的な行動は、参入障壁を人為的に高いレベルに引き上げ、主要な競合他社にアドテクツールの市場を放棄させ、潜在的な競合他社の市場参入を思いとどまらせ、Googleにわずかに残った競合他社を周縁化し不当に不利な状況に置いた」と主張している。

この訴訟には、ヴァージニア、カリフォルニア、コロラド、コネティカット、ニュージャージー、ニューヨーク、ロードアイランド、テネシーが加わっている。

「Googleはその独占力を乱用し、より質の高い、あるいはより低コストのマッチングを求めてあえて競合するアドテク製品を使用するWebサイトパブリッシャーや広告主に不利益を与えている。」「Googleは、デジタル広告技術の支配力を利用して、より多くの取引を自社のアドテク製品に流し、そこで高額の手数料を徴収して、サービスを提供すると称する広告主やパブリッシャーを犠牲にして私腹を肥やしています。」と、訴状の中で述べられている。

この訴訟では、裁判所がGoogleにその広告事業の売却を命じるよう求めている。以前、Googleは広告オークション事業をデジタル広告配信事業とは別会社にすることを提案し、親会社Alphabetの下に移行させたが、司法省はさらに踏み込んだ対応を望んでいる。

これには、「Googleのパブリッシャー広告サーバーであるDFPとGoogleの広告取引所であるAdXの両方を含むGoogle Ad Manager Suite」の分割と、追加の構造的な依存が含まれている。訴状では、Googleがシャーマン法に違反し、広告ビジネスで反競争的であることをやめるよう裁判所に求めることも求めている。

The Vergeへの声明の中で、「司法省からの今日の訴訟は、競争の激しい広告技術分野で勝者と敗者を選ぼうとしています。それは主にテキサス州司法長官による根拠のない訴訟を重複しており、その多くは、最近、連邦裁判所によって却下されています。司法省は、技術革新を遅らせ、広告料を引き上げ、何千もの中小企業や出版社が成長するのを困難にする欠陥のある議論を倍増させています。」と述べている。

Bloombergが指摘するように、この訴訟は、Biden政権が国内最大級のハイテク企業の権力に挑戦する最初の重要な試みとなる。司法省は以前、2020年にGoogleを提訴している。当時、司法省はGoogle社が検索と検索関連広告を独占していると指摘した。また、司法省はAndroidをめぐる条件を問題視し、メーカーに同社のアプリケーションと検索エンジンを端末にプリロードさせることでGoogleを不当に有利にしていると指摘していた。

この訴訟は、米国でGoogleとその広告ビジネスを攻撃する最新のものであり、2022年5月には、上院議員が「デジタル広告における競争と透明性法」という形で、Googleのような大手ハイテク企業の広告側を解体する法案を提出していた。

ある推定によると、Googleは米国のデジタル広告市場の26.5%ものシェアを占めているという。同社の広告部門は、来年にかけて米国で約738億ドルの広告収入を得ると予想されており、その多くは検索広告によるものだ。

USA versus Google – Another… by Mike Wuerthele


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする