あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

2024年モデル Polestar 2がデビュー FRオプション、新モーター、航続距離の追加などを実施

Polestarは、同社のEV「Polestar 2」をフェイスリフトし、次世代モーター、多数の新標準装備、より強力なバッテリーパック、そしてPolestar 3で初めてお披露目されたSmartZoneセンサー群など、2024年モデルが搭載する数々のアップデートの一部を公開した。

3月に登場したシングルモーター仕様のPolestar 2は、完全なFRプラットフォームとなった。新たに考案された永久磁石モーターと炭化ケイ素インバーター技術を採用し、出力は231psから299psにアップ。トルクも同様に490nmに跳ね上がり、Tesla Model 3の出力に並び、0-100km/hは旧モーターに比べ1秒以上短縮し、5.9秒になった。

デュアルモーターAWDバージョンでは、421psと740Nmと同等の性能向上が図られ、トラクションも改善され0-100km/hは4.3秒となる。2024パフォーマンスパックを選択すると、馬力は455に跳ね上がり、0-100km/hは4.1秒に短縮される。デュアルモーター仕様のパワートレインとトルクレシオは後輪に偏っており、AWDの追加性能が必要ない場合は、第2(フロント)モーターを切り離すことで効率を向上させ、航続距離(82kWhの大型バッテリー使用)も10%増の480kmまで伸ばすことができる。

663201 20230124 Polestar 2 MY24
(Credit: Polestar)

Polestar 2のバッテリーには、化学的な微調整も施されている。最大205kWの充電が可能となり、バッテリーパック1個あたりの二酸化炭素排出量は1.1トン減少し、わずか5.9トンとなった。ただし、これはロングレンジ仕様のシングルモーターにのみ適用され、デュアルモーター仕様の場合は、78kWhのバッテリーパックで155kWの充電が可能だ。

シャシー開発責任者のJoakim Rydholmは、プレスリリースで「シングルモーターモデルでは前輪駆動から後輪駆動に変更し、デュアルモーターモデルではトルク比を再設定して後輪駆動のフィーリングを向上させ、ポールスター2の運転体験を全く新しいレベルに引き上げています。アップデートされたPolestar 2は、コンパクトさと完全なコントロール感覚を保ちつつ、快適性を追加してより成熟した、さらに遊び心のある機敏な車となりました。」と述べている。

663200 20230124 Polestar 2 MY24
(Credit: Polestar)

来年のPS2は、その後継機であるPS3で初めて披露された技術によって、前モデルよりもかなり賢くなる予定だ。ポールスターのSmart Zoneは、フロントグリルに搭載され、改良された中距離レーダーアレイと前方カメラが搭載されている。ADASシステムも多数標準装備される。例えば、長距離デュアルモーターPS2にはパイロットパック(360度カメラ、駐車支援、アダプティブクルーズコントロールを含む)が標準装備され、すべてのトリムレベルにはワイヤレスデバイス充電が装備される。また、パフォーマンス・パッケージ(ブレンボ製ブレーキ、20インチリム、パフォーマンス・ソフトウェア・アップグレード)を購入した人には、追加費用なしでプラス・パッケージ(Harmon Kardonステレオ、パノラマガラスルーフ、デバイス充電と同様に誰もが得るべきもののように思える空気品質ソフトウェア)が提供される。納車は今年後半に開始される予定だ。

663199 20230124 Polestar 2 MY24
(Credit: Polestar)

Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする