TSMCが台湾に4つの新しい3nm半導体チッププラントを建設

masapoco
投稿日
2022年6月21日 11:19
Samsung Semiconductor Chip Plant Pyeongtaek Campus South Korea

テクノロジーの進歩とコンピューターへの依存度の高まりを背景に、半導体の需要はますます増している。TSMCSamsungは共に世界最大のチップ製造ブランド(ファウンドリー)であり、新規顧客の獲得と既存顧客の維持のために熾烈な競争を繰り広げている。

先日、Samsungが半導体やその他の技術開発のために、3,550億ドルもの大規模な投資を発表した。TSMCは今回、そうした動きを牽制するため、1,200億ドルの投資について発表した。

半導体業界の覇権を争う戦いが熾烈さを増している

数週間前のSamsungによる大規模な投資計画は、TSMCを世界最大のチップ製造企業の座から引きずり下ろす可能性をはらんでいる。しかし、そうした動きに対抗するため、TSMCは約1200億ドルの投資を発表し、同社の動きを牽制した。この計画の一環として、台湾企業は台湾にそれぞれ100億ドル相当の新ファブを4つ建設しているという。

日経アジアによると、4つの新製造工場はすべて3nmチップ向けだという。TSMCとSamsung Foundryの両社は、3nmと5nmを含む高度なノードでAMDAppleNVIDIAQualcommMediaTekからの受注競争を繰り広げている。両社はすでに4nmチップの量産も開始している。

Samsung FoundryはGAA FETの派生形「MBCFET」による3nmチップの製造を、TSMCは、従来通りのFinFETによる3nmチップの製造をそれぞれ今年後半にする計画を発表している。2025年までには、両社とも2nmチップの量産を計画している。どちらのブランドが市場をリードすることになるかは、時間が経ってみなければわからないが、現在歩留まりの悪い3GAE(3nm Gate-All-Around Early)の量産が軌道に乗れば、3nm世代ではSamsungに逆転の芽が出てくるかも知れない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • glasses image
    次の記事

    Apple ARメガネは設計開発段階にあり、予想よりも早く発売される可能性

    2022年6月21日 12:04
  • 前の記事

    Z世代とアルファ世代の90%以上がゲームをプレイしているとの調査結果

    2022年6月21日 10:35
    computer games 5632588 1920
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • 1536d27f595456fe27f2deb7c629e1c3

    TEXALサイト移転のお知らせ

  • new ps5 design

    PS5 Pro向けの優れたグラフィック要件を満たすタイトルには「PS5 Pro Enhanced」ラベルが付けられる可能性がある

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • 91e8dabaf1443f77337f70a1a1d01707

    中国ハイテク大手Huawei、2023年の利益は2倍超に

  • Image SN 2023ixf Zimmerman

    超新星による爆発をほぼリアルタイムで観察することに成功した

今読まれている記事