2023年上半期に最も売れたスマートフォンはiPhone 14 Pro Maxだった

masapoco
投稿日
2023年8月30日 13:39
iphone-14-pro-14-pro-max

AppleがiPhone 12 miniを世に出した後、わずか2世代でそれを廃止したのは、Appleが考えているような小さな端末の需要が大きくなかった事もあるだろうが、かといって「大きいことが良いことだ」が、まさかスマートフォンに当てはまるとは、誰もが思わないだろう。だが、Omdiaが発表した最新の統計によると、2023年上半期の世界のスマートフォン市場で最も売れたスマートフォンはiPhone 14 Pro Maxだったようだ。

iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Maxが上位を独占

実際の数字を見てみると、2023年上半期に出荷されたiPhone 14 Pro Maxは2,650万台で、iPhone 14 Proは2,100万台で2位だった。この2モデルは画面サイズとバッテリーサイズ以外のスペック上の差はなく、単純に大きさの差だけになるが、結果としてより大きなiPhone 14 Pro Maxが最も多く売れているのは印象的だ。

データによると、上位4つはiPhoneが占め、3位はiPhone 14の1,650万台、そしてiPhone 13が1,550万台と続く。驚くべきは、発売からまもなく4年になろうとしているiPhone 11は、今年上半期の出荷台数が690万台と、引き続き市場で好調を維持しているのだ。

iPhone 14 Proモデルは、ライバルSamsung Galaxy S23 Ultraの960万台という出荷台数の実に4倍以上を記録している事が分かる。そしてランキングをご覧になれば分かるように、10位まではこの2社の寡占状態だ。他のGalaxyモデルは、Galaxy A14 5Gのようなフラッグシップモデル以外のプレースホルダーが占めており、意外にもGalaxy A14 5Gは900万台を出荷して2番目に人気のAndroidスマートフォンとなり、Galaxy A54 5Gの880万台がそれに続いた。

これらの数字は、AppleのiPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxが2023年の残りの期間、最新ラインナップの出荷台数の大半を占めることを示唆している。Appleがいかに競合他社を圧倒しているかを見て、あるアナリストは、もしAppleがこの勢いを維持すれば、2023年と2024年にはSamsungを打ち負かし、世界最大のスマートフォン・メーカーになるかもしれないとも予測している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • tesla giga lab 5
    次の記事

    Tesla車の大規模調査により急速充電はバッテリー寿命に影響を与えないことが判明

    2023年8月30日 14:19
  • 前の記事

    Googleフォトの「ロックされたフォルダ」がiOSとWeb版に展開

    2023年8月30日 11:58
    google photo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事