あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

中国で電気自動車Tesla(テスラ)のモデルYが事故を起こし、2人が死亡、運転手を含む3人が負傷した。原因は不明だが、街中で爆走するTesla車の衝撃的な動画が話題を呼んでいる。

事故は11月5日に発生し、以来、中国のソーシャルメディアユーザーがその映像を共有している。モデルYが駐車しようとした後、2車線道路を走り出し、車線を縫うように高速走行しながら、車両やバイクをすり抜けながら、約30秒後、約2.6km走行した後に店先の前で静止する様子が映っている。

その時の映像には、白いTeslaモデルYが道路脇の駐車場に停車した後、突然再突入する様子が映っていた。

モデルYは近づいてくる自動車をかわし、道路を走り去った後、スクーターに乗っていた人と正面衝突している。

tesla model y accident

自動車は混雑した街中を危険な速度で走り、オートバイやスクーターに乗っていた少なくとも2人が強引に倒された。

モデルYは大きな交差点に差し掛かったところで小型トラックに衝突し、破片が少なくとも2台の自転車に飛び散った後、煙とほこりを上げて建物の側面に衝突した。

tesla model y accident 2

身元不明の55歳の男性運転手(姓はZhan)は、コンビニの前で車を停めようとしたところ、ブレーキペダルに問題が発生したと主張している。

中国版ツイッター「Weibo」に「運転手の家族」として投稿した、検証済みのソーシャルメディアユーザー、Zhanqiubiによると、運転手はコントロールを失い、ブレーキをかけようとしても、技術的な問題で衝突に至ったとしている。

Weiboによると、この事件は近隣の交通警察が調査中で、Zhanさんの家族はTeslaに通報していたという。交通警察は、Zhanが薬物やアルコールに侵されていた可能性を排除する一方、車の検査を受けることを指摘した。

中国では毎日交通事故で数百人が亡くなっていると言われているが、Teslaの事故は世間の注目を集め、衝突の映像がSNSで一気に拡散されるほどだ。

車から取得したデータと、衝突前にブレーキランプが作動していないことを示す映像によると、ブレーキペダルを使用した形跡はなかったという。その代わり、衝突前にアクセルの多用が見られ、自転車に乗っていた高校生とオートバイのライダーが死亡する事故になっているとのことだ。Teslaによると、近隣警察の捜査に「必要な援助は積極的に行う」とのことで、同社による私立探偵が入る可能性もあるそうだ。

「警察は現在、この事故の真相を特定するために第三者の鑑定機関を探しており、我々は必要な援助を積極的に提供する」と、Teslaは日曜日にReutersにメッセージを送り、「うわさ」を信じないように注意を促している。

日本でも、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が後を絶たないが、もし同じような事が原因だったとすると、動画のような猛スピードが出る前に運転手は気付けなかったのかと思わずにはいられない。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする