あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Tesla、メキシコに50億ドルでギガファクトリーの建設を行うと発表

Reutersによると、Tesla CEO Elon Musk氏は、テキサス州オースティンで開催されたインベスター・デイのセッションで、同社が世界での生産量を増やすために、メキシコにギガファクトリーを開設すると発表したとのことだ。

電気自動車工場は、国境北部のヌエボ・レオン州、モンテレイ近郊に建設され、建設費は50億ドル以上となる予定とのこと。

Musk氏は、Teslaがすべてのギガファクトリーで生産量を増加させると述べた。Musk氏は、製造からサービスまでのオペレーションを管理するTeslaの革新的なアプローチについて説明し、今後の自動車世代で組み立てコストを半減させるという目標も示している。

この工場は「他のすべての工場の出力を補完するものになる。おそらく今日一番の重要なもの」と、Muks氏は述べている。

Teslaの新しいグローバル生産チーフであるTom Zhu氏は、同社が年間200万台を生産できることを明言した。

Teslaがこの工場に何を投資し、年間何台の自動車を生産するかは明らかにしていない。

Teslaは、ヌエボ・レオン州で最大6,000人の雇用を創出する見込みで、追加投資を求めて同国の中心部でのバッテリー建設を模索している。

Musk氏はまた、Teslaが将来の世代の自動車で組み立てコストを半分に削減し、エンジニアが待望の低価格電気自動車をデビューさせることを発表した。

Teslaの最高財務責任者であるZach Kirkhorn氏らは、生産コストの低減に向けた同社の取り組みを強調した。

Kirkhorn氏は、Teslaが2030年までに生産台数を現在の10倍の年間2000万台にするという長期目標を達成するためには、これまでの6倍の投資が必要であると予測した。その費用は1,750億ドル(約23兆円)に上るという。

待望の手頃な電気自動車が、このギガファクトリーによってコスト削減が図られるのか見物だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする