あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

電子系設計ソフトウェア開発のSynopsysと競合のAnsysは、Synopsysが後者を買収することに合意したことを発表した。競合とは言え、Synopsysが主にEDAツール(Electronic Design Automation:電子設計自動化)とハードウェア知的財産(IP)開発に特化しているのに対し、Ansysはエレクトロニクス設計解析とシミュレーション・ツールを開発しており、今回の買収により、異なる分野の専門知識を持つチップ設計ソフトウェア大手が誕生することになる。

EDAソフトウェアは、チップ設計の開発に欠かせない。設計の作成から検証まで、ソフトウェア・パッケージはパッケージ全体、マルチチップ設計、システム・イン・パッケージのモデリングも行う。

トランジスタ数が増加する一方で、プロセス技術の進化が鈍化しているため、チップ開発は最近難しくなっている。最高の電力、性能、面積(PPA)を達成するために、チップ設計者はファウンドリと密接に協力して設計とプロセス技術を最適化する必要があり、これは設計技術協調最適化(DTCO)と呼ばれるアプローチだ。今後、チップ設計者は、要求の厳しいアプリケーションによりよく対応するために、マルチチップレットソリューションを構築し、DTCOを越えて、システムレベルでソリューションを最適化する必要がある。また、ここ数カ月、この分野におけるAIサポートにますます焦点が移ってきている。

SynopsysのEDAツールを使用する顧客にとって、Ansysの設計解析とシミュレーションが特に有用となるのはこの点である。Synopsysのソフトウェア(特に人工知能で強化されたソフトウェア)と完全に統合されれば、次世代プロセッサやシステムを設計するためのソフトウェア・パッケージをトップ・トゥ・ボトムで提供できるようになる。これにより、KadenceやSiemens EDAといったライバルに対する競争力が大幅に強化されることになる。

一方、SynopsysとAnsysは2017年から協業しており、両社によるツールはすでに適切な開発フローを提供している。

Synopsys社長兼CEOのSassine Ghazi氏は、次のように語っている。「AI、シリコンの普及、Software-Definedシステムといったメガトレンドは、システム的な複雑さが増す中で、より高いコンピュート性能と効率性を要求しています。シノプシスの業界をリードするEDAソリューションと、Ansysの世界トップクラスのシミュレーション/解析能力を組み合わせることで、シリコンからシステムまでをシームレスに統合した総合的で強力なイノベーション・アプローチを実現し、幅広い業界のテクノロジ研究開発チームの能力を最大限に引き出すことができます。これは、Ansys社との7年間にわたるパートナーシップの成功の次のステップです」。

契約条件では、Ansysの株主は1株あたり現金197.00ドルとAnsys1株あたり0.3450株のSynopsys株式を取得し、2023年12月21日時点のSynopsysの株価に基づくAnsysの評価額は約350億ドルとなる。この買収による1株当たりの価値は約390.19ドルで、Ansysの終値に比べ29%、同日時点の60日平均株価に比べ35%のプレミアムとなる。買収後、Ansysの株主は合併会社の約16.5%を所有することになる。買収は現金と負債による資金調達の組み合わせで構成される。Synopsysは銀行から総額160億米ドルの全額負債融資を受けている。この取引は2025年前半に完了する予定である。しかし、Ansysの株主はまず承認を得なければならず、規制当局もこの買収計画に注目しているようだ。

Ansysの買収後、SynopsysのTAM(Total Addressable Market)は1.5倍に拡大し、年間約280億ドル、年間売上高約80億ドルに達すると予想されている。合併企業は、買収完了後3年以内に年間約4億ドルのコスト・シナジー、4年目までに年間約4億ドルの収益シナジーを目指しており、長期的には年間10億ドルを超える見込みである。

Synopsysの取締役会長兼創業者であるAart de Geus氏は、次のように語っている。「長年の提携関係でよく知るAnsysとの提携は、Synopsysがいかに最先端を走り続けているかを示す最新の事例です。Synopsysの取締役会および経営陣は、急成長するエレクトロニクスとシステム設計の新しい波をリードし、勝ち抜くための戦略オプションを慎重に検討しました。Ansysとの技術提携は、当社、株主、革新的なお客様にとって理想的な価値向上のステップです」。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする