あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

かつて存在したTodoリストアプリ「Wunderlist」をご存じだろうか。美しいデザインやアニメーションを多用した触り心地の良いUIで、使う事自体が楽しいアプリだったが、10年前にMicrosoftに買収され、現在では「Microsoft ToDo」に統合され、どこか平凡な物に成り下がってしまった事は、かつてWunderlistの愛好家だった筆者をはじめとした多くのユーザーに大きな喪失感を与えた物だ。

だが、そんなWunderlistの共同創設者であるChristian Reber氏は、かつての輝きを取り戻した精神的後継製品を作り上げる事に取り組み、今回「Superlist」と呼ばれる新たなToDoリストアプリを作り上げ、ついに正式版をリリースした。

FireShot Capture 268 Superlist Getting Started app.superlist.com

この新しいアプリは、個人とチームのプロジェクト管理のために、タスクと「その間のすべて」を組み合わせたものだという。ToDoを作成したり、ファイルを添付したり、メモを書いたり、コメントを書いたり、他の人とコラボレーションしたりできる。

また、Superlistは複数サービスとの統合をサポートしており、Microsoft ToDo、Figma、GitHub、Slack、Googleカレンダー、Gmail、その他のサービスと接続できる。Superlistは、このアプリを以下のように端的に説明している:

Superlistは、あなたのすべてのリストのホームです。チームのプロジェクトから食料品の買い出しまで、すべてを一箇所で済ませることができます。直感的で、デフォルトでプライベート、そしてあなたがすでに使っているもの全てと統合され、あなたのやり方に合わせて使えるように作られています。Superlistがあれば、何でもできます:ToDoリストの作成、考えや詳細なメモの記録、チームメイトへのタスク割り当てなど、あらゆることが可能です。

同僚との調整も、次の休暇の計画も、仕事から家庭まで、あなたの生活全体をSuperlistで管理しましょう。

Superlistは、ビジネスユーザーとコラボレーション機能を重視している。個人での使用は無料、25人までの無制限共有リスト、一部のサービスとの統合、より大きなファイルアップロード、追加AI機能などの追加機能を持つプロアカウントを希望する場合は月8ドルで利用可能だ。また、チームメンバー数無制限で1ユーザーあたり月額10ドルのPro Team層も提供される

Wunderlistメーカーの新しいアプリは、まだ初期段階にあり、いくつかの機能が欠けていたり、さらに磨きをかける必要がある。Superlistは、Microsoftが買収する前に多くのユーザーが愛用していたタスクマネージャーをそのままコピーしたものではないが、Superlistは新しい機能とアイデアを満載しながらも、親しみを感じられるはずだ。

新たなSuperlistは、まだ初期段階にあり、いくつかの機能が欠けていたり、さらに磨きをかける必要がある点は確かだ。

The Vergeは「Wunderlistのような素直で素敵なToDoアプリではないが、同じ感性で作られている」と、評している。

Microsoftが買収したWunderlistをそのままコピーしたものではないが、Superlistは新しい機能とアイデアを満載しながらも、親しみを感じられるはずだ。

Superlistは、iOSAndroidWebMacで利用が可能だ。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする