あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Starbucks、アプリ決済の不正操作で9億ドルの利益を不当に得ていると告発される

米コーヒーチェーンのStarbucksは、アプリ決済システムを不正に操作し、5年間で9億ドルもの利益を得たと消費者保護団体から告発を受けていることが明らかになった。

ワシントン州消費者保護連合は、Starbucksのギフトカードとアプリの支払いシステムを調査するよう州司法長官に要請した。同団体はまた、顧客がプリペイド口座にチャージした全額を使うことができないことについても触れており、この慣行がどのように処理されているのかについて懸念を示している。同連合によれば、Starbucksのモバイルアプリのダークパターンは、残高が低い場合使えなくする方法と関連しているという。

「Starbucksは、消費者がカードやアプリに未使用のお金を残すように、その支払いプラットフォームを不正に操作しています」と、同団体のキャンペーンマネージャーであるChris Carter氏は声明で述べた。

同連合は12月19日に提出した訴状の中で、残高がStarbucksで最も安いドリンクよりも少ない場合、そのお金は実質的にアプリ内で動かなくなると書いている。このプラットフォームでは、ユーザーが他の支払い方法と組み合わせたり、チップとして使ったりすることはできない。同連合はこれを「不本意な定期購入」に例えているが、店舗で5ドル以上のカスタム額をアカウントにリロードすることで、ゼロを達成しやすくなることは認めている。

同団体は、顧客は最低10ドルから特定の金額でStarbucksカードに再入金できると付け加えている。しかし、アプリは最低額を15ドルと表示し、自動的にデフォルトのリロード額を25ドルに設定している。

「Starbucksの決済プラットフォームは、不公正で欺瞞的なデジタル・ダーク・パターンを含んでおり、顧客が同社のサービスの前払いをするように効果的に罠を仕掛けている。司法長官は、Starbucksの不公正で欺瞞的な行為に歯止めをかけ、ワシントンの消費者に与えた損害を埋め合わせるために、直ちに行動を起こすべきである」と、同団体は述べている。

「決済プラットフォームに残された数ドルは大した額ではないかもしれませんが、それが積み重なります。過去5年間で、Starbucksはギフトカードやアプリの未使用金を企業収益として9億ドル近く請求し、企業利益を押し上げ、役員賞与を膨らませてきました」とCarter氏は付け加えた。

「顧客は昨年、およそ150億ドルをStarbucksカードにチャージし、同社はこれらの資金を無利子の運転資金源としている。したがって、同社には決済プラットフォームに流れる資金を最大化する強力なインセンティブがあり、実際、モバイルアプリでいくつかの操作的なデジタルデザイン機能を使用することで、この流れを最大化しようとしている」と、訴状の中では述べられている。

StarbucksはFortune誌の取材に対し、顧客はアプリやギフトカードの残額で注文の代金を支払うことができ、その上、残額を店舗で現金で支払うことで、残高をゼロにすることができると弁明している。同社の広報担当者であるSam Jefferies氏は、ワシントン州が同社が州の法律や規制を遵守していると信じるよう、全力を尽くしていることまで語った。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする