Samsung、Qualcommへのチップセット依存が重荷になり利益を圧迫している可能性

masapoco
投稿日 2023年12月4日 12:03
QUALCOMM SNAPDRAGON 8GEN2 2

Samsungのスマートフォン向けチップセットに関する支出は、2023年に約70億ドルに達しているが、これは2019年の23億ドルから204%増加したことを示している。この増加は、SamsungがQualcommのSnapdragon SoCに大きく依存していることに起因している。Revegnus氏によると、昨年Samsungはスマートフォンチップセットのコストとして71億ドルを支払い、2023年にはすでに69.43億ドルに達しており、今年は10%以上の増加が見込まれ、2024年にもさらなる増加が予想されている。

これらのコストは、SamsungがQualcommへの依存を減らし、自社のExynosレンジをより多く使用するなど、効率的な解決策を見つけない限り維持できない。この支出の増加は、SamsungがGalaxy Sフラッグシップシリーズの仕様を向上させることに遅れをとっている理由も説明している。特にRAMに関しては、競合他社がSnapdragon 8 Gen 3を搭載した製品をより低い価格で販売し、24GBのRAMを搭載している一方で、SamsungはGalaxy S24ラインナップに12GB RAMを搭載することに制限している。

Samsungがモバイルアプリケーションプロセッサの購入に費やす金額は年々増加している。2023年初めから第3四半期にかけて、Samsungはモバイルアプリケーションプロセッサに69.43億ドルを支払い、前年同期比で10.4%の増加を記録した。

将来的には、状況が改善される見込みはない。QualcommのSnapdragon 8 Gen 3は、すでに高価格であったSnapdragon 8 Gen 2よりも高価になると噂されており、来年登場するSnapdragon 8 Gen 4にはカスタムのOryonコアが搭載され、Snapdragon 8 Gen 3よりも高価になることが示唆されている。これは、シリコンの改善にもかかわらず、再びSamsungの利益を圧迫することになる。

SamsungがExynosチップセットの開発を推進し、競合他社と同等のSoCを自社で製造することが、数十億ドルのコスト削減につながるため、ここに賭けることは非常に重要である。この障害を克服する方法を見つけられない場合、Samsungはこの悪循環に直面し続けることになり、将来のGalaxy Sデバイスに消費者が魅力を感じなくなる可能性があり、その結果、ブランド価値が低下するかもしれない。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • AMD EPYC 9004 Zen 4 Genoa CPUs Official
    次の記事

    AMD次世代EPYC-Eは最大64個の “Venice”Zen6コアを搭載か

    2023年12月4日 12:32
  • 前の記事

    AMD、次世代CPU、GPU、SoCの開発を加速するため、インドに同社最大の研究開発センターを開設

    2023年12月4日 11:34
    AMD India

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事