Samsung ハッキングされ、既に機密データが一部流出した模様

masapoco
投稿日
2022年3月5日 18:47
ハッキングイメージ画像

先週NVIDIAがサイバー攻撃に見舞われ、機密データの流出被害に遭ったばかりだが、今度はSamsungが同じハッキンググループに狙われたようだ。

Samsungは壊滅的なサイバー攻撃に見舞われ、その結果、多くの機密データがオンラインで漏洩した模様。報告によると、この攻撃では、様々な秘密データに加えて、Samsungの機密ソースコードが漏洩したとのことだ。ハッカーは、このハッキングで漏洩したすべてのデータのリストを公開している。

Samsungから盗まれたデータはおよそ190GB

NVIDIAをハッキングしたのと同じハッキンググループ「Lapsus $」が犯行声明を出している。彼らは、Samsung製ソフトウェアの / C ++ディレクトリのスナップショットを公開し、データをオンラインでリリースすることを示唆している。

漏洩した情報についての詳細も述べている。彼らの説明では、暗号化、アクセス制御、ハードウェア暗号化などに使用されるSamsungのTrustZone環境にインストールされているすべてのTrustedAppletのソースコードが記載されていた。漏洩したデータはすべて合計で約190GBにも上る。Lapsus $はそれを3つの圧縮ファイルに分割し、現在オンラインで配布を行っている模様だ。

すべての生体認証解除操作のアルゴリズム、最近のすべてのSamsungデバイスのブートローダーソースコード、Qualcommのシークレットソースコード、Samsungのアクティベーションサーバーのソースコード、Samsungアカウントの承認と認証に使用される技術の完全なソースコード(APIとサービスを含む)もリークされたようだ。

Lapsus $は最近、NVIDIAデータをオンラインで漏洩したことでニュースになっている。このグループは、NVIDIAオープンソースGPUドライバーを要求し、グラフィックカードのLHRを無効にして、暗号マイニングの可能性を最大限に引き出すツールの販売で収益を得ている模様だ。

Lapsus $がSamsungに何らかの要求をしたかどうかは不明だが、韓国からの報告によると、Samsungの関係者は状況を確認して調査しているとのこと。なお、同社はまだリークについて何もコメントしていない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • rog swift pg239q w 2 2
    次の記事

    超高速IPS搭載のWQHDゲーミング液晶、ASUS「ROG Swift PG329Q-W」発表

    2022年3月6日 5:57
  • 前の記事

    Twitter 今度はポッドキャスト機能を提供か?

    2022年3月5日 18:16
    Twitter ディスプレイにアイコンが表示されている画像
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • GDDR7 DRAM PR main1

    Samsung、NVIDIA GTCで32Gb/秒GDDR7メモリ・モジュールを披露

  • Samsung Semiconductor Chip Plant Pyeongtaek Campus South Korea

    Samsung、独自AIアクセラレータ「Mach-1」を2025年にも発売しNVIDIAに対抗へ

  • Intel glass substrate 5

    Samsung、ガラス基板搭載チップの市場投入に向けた動きを加速

  • NVMe M.2 SSD

    NANDの減産がSSDの価格上昇に繋がり、2023年第4四半期のメーカーの収益が25%増加

今読まれている記事