銅ナノワイヤースプレーで強力な抗ウイルス・抗菌コーティングがこれまで以上に簡単にできるようになる可能性

masapoco
投稿日
2022年7月31日 6:13
copper nanowires

人々は紀元前2400年頃から、の抗菌性を利用して病気や感染症の治療や予防に役立ててきた。ウイルス、バクテリア、カビ、酵母が金属と直接接触すると、不活化するのだ。そのため、ドアノブなど、よく触れるもののコーティング剤としても使われてきた。今回新たに開発された新しい銅ナノワイヤースプレーを使えば、スプレー缶を使ってコーティングしたい場所をより簡単にコーティング出来る様になるかも知れない。

この技術は、米国エネルギー省エイムズ国立研究所アイオワ州立大学ニューヨーク州立大学バッファローが共同で開発したものだ。この技術は、エイムズ大学がフレキシブル電子機器に回路を印刷するために開発した銅インクの過去の研究成果を基に開発されている。

研究者たちは2種類のスプレーを評価し、それぞれに長所と短所があった。1つは幅約60ナノメートル(人間の髪の毛の100分の1の幅)の純銅ナノワイヤーセグメントを組み込んだもので、もう1つは同じサイズの銅-亜鉛ナノワイヤーを用いたものだ。

どちらも、水やエタノールなどの溶液にワイヤーを懸濁させる。この液体をプラスチックやガラス、ステンレスなどの表面にスプレーし、室温で乾燥させると、薄い抗菌皮膜が形成される。

SARS CoV-2ウイルス(新型コロナウイルス感染症の原因ウイルス)を殺す実験では、このコーティングを施した銅製ディスクは、コーティングしていない銅製ディスクと同じように殺菌効果があることが示された。さらに、ナノワイヤーによって表面積が大きくなったため、コーティングを施した銅製ディスクはわずか20分で殺菌が完了したのに対し、銅製ディスクは40分もかかった

さらに、最初の10分間で、純粋な銅ナノワイヤーを含むスプレーは、銅亜鉛を含むスプレーに比べ2倍早くウイルスを不活化した。しかし、銅と亜鉛のコーティングはより長い時間効果が持続するため、再塗布の頻度が少なくなる。このため、研究者らは、実際の使用には銅亜鉛の方が適していると考えている。

「人類社会に永続的な影響を与えられる可能性があるのです。」と、この研究の著者で、アイオワ州立大学エイムズ校材料科学・工学部研究主幹・科学者のJun Cui氏は語っている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • image.imageformat.carousel.826750530
    次の記事

    高品質な量子エンタングルメントに基づく量子鍵配送の実証

    2022年7月31日 8:32
  • 前の記事

    100メートルを超える小惑星2つが地球に最接近

    2022年7月30日 16:03
    asteroid
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • 1536d27f595456fe27f2deb7c629e1c3

    TEXALサイト移転のお知らせ

  • new ps5 design

    PS5 Pro向けの優れたグラフィック要件を満たすタイトルには「PS5 Pro Enhanced」ラベルが付けられる可能性がある

  • Intel glass substrate 5

    Appleがガラスコア基板の採用に向けて協議を進めている

  • 91e8dabaf1443f77337f70a1a1d01707

    中国ハイテク大手Huawei、2023年の利益は2倍超に

  • Image SN 2023ixf Zimmerman

    超新星による爆発をほぼリアルタイムで観察することに成功した

今読まれている記事