あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Qualcomm、XRおよびARプラットフォーム向け次世代チップを発表

Qualcommは本日、Metaと共同で開発した2つの新しいSnapdragonチップを発表した。

Snapdragon XR 2 Gen 2

1つは「Snapdragon XR2 Gen 2」。これは、前世代と比べてGPU性能が2.5倍向上し、AI処理速度が最大8倍高速化された、より強力なチップとなる。片目あたり最大3,000 x 3,000のディスプレイ解像度を持つ複合現実デバイスをサポートするように最適化されており、より詳細なテクスチャと高いフレームレートを実現する性能を有する。

XR2
(Credit: Qualcomm)

Snapdragon XR2 Gen 2は、ハードウェア処理によるヘッド、ハンド、オブジェクトの各トラッキングにも対応している。QualcommのHugo Swart副社長によると、こうした特徴検出と6DoFトラッキングがVRヘッドセットチップに組み込まれたのはこれが初めてであるとのことだ。これにより、Quest 3のようなヘッドセットは、「最も集中的な」タスクの1つを専用シリコンにオフロードすることができ、消費電力と待ち時間を半分以下に削減しながら、3D環境で常に向きを保つことができる。

(Credit: Qualcomm)

Qualcommによると、VRとARの切り替えが可能なヘッドセットの場合、XR2 Gen 2を使用することで、ヘッドセットは12ms未満でフルカラーパススルービジョンに移行できるという。その他の機能としては、最大10台のカメラを搭載したデバイスのサポート、ワイヤレス速度の向上(最大Wi-Fi 7)、GPUの電力効率の50%向上などが挙げられている。

Snapdragon AR1 Gen 1

スマートグラスのようなより軽量なデバイス向けに、Qualcommは新たに「Snapdragon AR1 Gen 1」チップを開発した。このチップは、超低消費電力での動作を目標に開発されており、スマートフォン級の写真、ビデオ、スマート機能を1ワット以下の電力で提供するという。Qualcommによれば、スマートグラスに収まるサイズで、改善されたオンデバイスAI処理、より優れたノイズおよびエコーキャンセレーション、画質向上のためのデュアルISPを提供する。この新しいシリコンは、最大12MPのカメラ(ビデオ用には6MP)と、豊かなオーディオ録音のための空間サウンドを備えた最大8個のマイクを搭載したデバイスもサポートできるという。

AR1
(Credit: Qualcomm)

同時に発表された、Metaの新しいRay-Banスマートグラスは、音声コマンド、12MPの写真、1080p30のビデオ、いくつかの基本的な空間オーディオを提供する。Metaによると、バッテリーは充電で4〜6時間使用できるという。

どちらのチップも、XR2の7nm技術に比べ、4nmプロセスをベースにしており、接続にはWi-Fi 7とBluetoothをサポートしている。

注目すべきは、Metaとの提携により、Qualcommの最新のXRおよびARプロセッサは、10月に発売される新しいQuest 3およびRay-Ban Metaスマートグラスで最初に利用可能になることだ。Qualcommは、「来年には他のメーカーのデバイスも追加される」と述べており、Metaがこれらの新しいチップの使用に関してある程度の限定的な独占権を享受することを示唆している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする