あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Qualcommは、プレミアムスマートフォン向けのやや手頃な価格のモバイル・チップ「Snapdragon 8s Gen 3」を正式に発表した。同社によると、Snapdragon 8s Gen 3は「最も求められている8シリーズの機能を、より多くのAndroidフラッグシップスマートフォンに提供する」とのことだ。

snapdragon 8s gen 3 slide 5

Snapdragon 8s Gen 3は、前世代のフラッグシップモデルであるSnapdragon 8 Gen 2と現行世代のフラッグシップモデルであるSnapdragon 8 Gen 3の間に位置されるようで、チップナンバーに記載される“s”は、恐らくSuperなどではなく、“Second”や“Sub”を示す物と考えられる。実際、以下に示すように8 Gen 3からいくつかの機能が削除されており、その分、価格も安く提供されるようだ。実際に日本で発売されるデバイスに搭載される事は少なく、当面は中国製のOEMデバイスに搭載されると見られる。

Snapdragon 8 Gen 3
(SM8650)
Snapdragon 8s Gen 3
(SM8635)
Snapdragon 8 Gen 2
(SM8550)
SoCSnapdragon 8 Gen 3
(SM8650)
Snapdragon 8s Gen 3
(SM8635)
Snapdragon 8 Gen 2
(SM8550)
CPU1x Cortex-X4
@ 3.3GHz

3x Cortex-A720
@ 3.2GHz

2x Cortex-A720
@ 3.0GHz

2x Cortex-A520
@ 2.3GHz

12MB sL3
1x Cortex-X4
@ 3.0GHz

4x Cortex-A720
@ 2.8GHz

3x Cortex-A520
@ 2.0GHz
1x Cortex-X3
@ 3.2GHz

2x Cortex-A715
@ 2.8GHz

2x Cortex-A710
@ 2.8GHz

4x Cortex-A510
@ 2.0GHz

8MB sL3
GPUAdreno
(Hardware RT & Global Illum.)
Adreno
(Hardware RT)
Adreno
(Hardware RT)
DSP / NPUHexagonHexagonHexagon
メモリコントローラー4x 16-bit CH

@ 4800MHz LPDDR5X  /  76.8GB/s
4x 16-bit CH

@ 4200MHz LPDDR5X  /  67.2GB/s
4x 16-bit CH

@ 4200MHz LPDDR5X  /  67.2GB/s
ISP/カメラTriple 18-bit Spectra ISP

1x 200MP or 108MP with ZSL
or
64+36MP with ZSL
or
3x 36MP with ZSL

8K HDR video & 64MP バースト・キャプチャー
Triple 18-bit Spectra ISP

1x 200MP or 108MP with ZSL
or
64+36MP with ZSL
or
3x 36MP with ZSL

4K HDR video & 64MP バースト・キャプチャー
Triple 18-bit Spectra ISP

1x 200MP or 108MP with ZSL
or
64+36MP with ZSL
or
3x 36MP with ZSL

8K HDR video & 64MP バースト・キャプチャー
エンコード/デコード8K30 / 4K120 10-bit H.265

H.265, VP9, AV1 デコード

Dolby Vision, HDR10+, HDR10, HLG

720p960 SlowMo
4K60 10-bit H.265

H.265, VP9, AV1デコード

Dolby Vision, HDR10+, HDR10, HLG

1080p240 SlowMo
8K30 / 4K120 10-bit H.265

H.265, VP9, AV1 デコード

Dolby Vision, HDR10+, HDR10, HLG

720p960 SlowMo
無線接続FastConnect 7800
Wi-FI 7 + BT 5.4
2×2 MIMO
FastConnect 7800
Wi-FI 7 + BT 5.4
2×2 MIMO
FastConnect 7800
Wi-FI 7 + BT 5.3
2×2 MIMO
モデムX75統合
3GPP Rel 18

(5G NR Sub-6 + mmWave)
DL = 10000 Mbps
UL = 3500 Mbps
X70統合
3GPP Rel 17

(5G NR Sub-6 + mmWave)
DL = 5000 Mbps
UL = 3500 Mbps
X70統合
3GPP Rel 17

(5G NR Sub-6 + mmWave)
DL = 10000 Mbps
UL = 3500 Mbps
製造プロセスTSMC 4nmTSMC 4nmTSMC 4nm

Snapdragon 8s Gen 3は大部分がSnapdragon 8 Gen 2の強化版だ。Snapdragon 8 Gen 2と比較すると、Snapdragon 8s Gen 3には2つの重要な差別化要因がある。それは、Snapdragon 8 Gen 3から採用された新しいCPUコア類と、公式のオンデバイス生成AIサポートだ。

snapdragon 8s gen 3 slide 3

CPUについて、Snapdragon 8s Gen 3はArmの最新世代のArm v9 CPUコアを実装しており、Cortex-X4Cortex-A720、Cortex-A520を搭載している。フラッグシップモデルのSnapdragon 8 Gen 3と比較すると、Snapdragon 8s Gen 3はパフォーマンスコアの1つが削減され、別の効率コアを搭載し、設計を1/5/2構成から1/4/3構成(Snapdragon 8 Gen 2と同じ)に変更している。また、Snapdragon 8s Gen 3は、X4プライムコアが3.3GHzから3.0GHzに周波数も下げられ、他のCPUコアも同様に抑えるている。

それでも、やはりCPUの世代交代は大きく、Snapdragon 8s Gen 3はCPUタスクにおいてSnapdragon 8 Gen 2を上回ると見られる。言うなれば、Qualcommの意図は、より優れたCPU性能とエネルギー効率を備えたSnapdragon 8 Gen 3のアップグレード版を提供するものだ。

だが、CPU以外の機能ブロックのほとんどは、Snapdragon 8 Gen 2からの流用か、同世代の機能に留まる。Snapdragon 8s Gen 3の統合GPUは、ハードウェア・レイトレーシングを提供するが、フラッグシップモデルのSnapdragon 8 Gen 3で導入されたグローバル・イルミネーションのサポートはない。メモリコントローラーもSnapdragon 8 Gen 2と同じで、SoCは最大24GBのLPDDDRX-8400をサポートする。

また、Snapdragon 8s Gen 3のビデオ録画とデコード機能も、Snapdragon 8 Gen 3より明らかにダウングレードしている。トリオの18ビットSpectra ISPを保持しているため、SoCは最大3台のカメラをサポートできるが、8Kのサポートは完全に削除されている。その代わりに、8sG3は最大4Kでしかビデオを記録できず、それも8G3/8G2の半分のフレームレートである60fpsでしか記録できない。Qualcommはこのモードについて、720p960ではなく1080p240と記載している。解像度が高くなることは間違いなく喜ばしいことだが、240fps以上での録画が不可能になる事とのトレードオフとなる。

8Kビデオをサポートしていないことは、SoCのビデオデコードブロックにも当てはまり、4K解像度までのビデオしかデコードできない。しかし、Qualcommはそれ以外のビデオデコードブロックの基本的な機能をすべて同等に保っているため、Snapdragon 8s Gen 3はAV1デコードとDolby Vision HDRをサポートしている。

snapdragon 8s gen 3 slide 2

一方、Snapdragon 8s Gen 3のDSP/NPUの状況は複雑だ。公式には、このSoCは生成AIモデル(最大10Bのパラメータサイズ)をサポートしているが、これはSnapdragon 8 Gen 2とそのNPUができなかったことであり、現状はSnapdragon 8 Gen 3でしか利用できない。しかし、Qualcommによると、これはSnapdragon 8 Gen 3と全く同じNPU IPではないようだ。例えば投機的デコードをサポートしておらず、新しいNPUのマイクロタイル推論の改善に関する言及もないと言う事で、Snapdragon 8 Gen 2のNPUと同じ物とも考えられる。これについては、Qualcommがソフトウェア/ファームウェアのアップデートを行い、機能を向上させた事で可能になったとみるのが妥当だろう。

最後に、Snapdragon 8s Gen 3の通信面は基本的にSnapdragon 8 Gen 2の低速バージョンである。QualcommはここでもSnapdragon X70統合モデムを使用しており、5G Release 17世代の設計で、mmWaveでは2×2 MIMO、sub-6Gでは4×4 MIMOを提供する。最大アップロード速度は3.5Gbpsで変わらないが、Snapdragon 8s Gen 3の最大ダウンロード速度は5Gbpsで、Snapdragon 8 Gen 2(およびSnapdragon 8 Gen 3)の半分である。X70モデムと組み合わされるQualcommのFastConnect 7800システムは、2×2 MIMOでWi-Fi 7をサポートし、Bluetooth 5.4も提供している。他のSnapdragon 8チップに搭載されているデュアルBTアンテナ機能は、この部分にも搭載されている。

snapdragon 8s gen 3 slide 4

全体として、Snapdragon 8s Gen 3は、QualcommのSoCラインアップの中で非常に特殊なニッチを占めることを意図しており、なるべく機能を削らずに、フラッグシップSoCに代わる安価な選択肢を提供するものだ。

Snapdragon 8s Gen 3は、Honor、iQOO、realme、Redmi、Xiaomiなど、通常の中国端末OEMの多くに採用されることが期待される。最初の機種は今月中に発表される見込みだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする