あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Oracleのライセンスモデル変更によりJavaのコストが急増する可能性

Oracleが、Java SEのサブスクリプションモデルを変更したことにより、今後利用している企業に毎月数万ドル以上の追加支出を強いる可能性があることが業界の専門家によって指摘されていることが、The Registerによって報じられている。

旧モデルでは、ユーザー単位、プロセッサ単位で課金される仕組みだったが、新モデルでは従業員単位でJavaがライセンスされるようになる(価格表はこちら)が、これが問題なのだ。

Oracleは、既存ユーザーが現行の契約条件の下で更新できるようにすることを約束しているが、それはあり得ないと、ソフトウェアライセンシングアドバイザーPalisade Complianceの創設者兼CEOであるCraig Guarente氏は、The Register誌に次のように語っている。「Oracleは常に、ある時期になると顧客を新モデルに移行させる。また、価格設定はどうなるのだろうか。Oracleが永久に値上げしない方針などあり得ない

Oracleのサポート専門会社House of BrickのCTOであるNick Walter氏も、次のように語っている。「Oracleが価格モデルやライセンス指標を廃止した過去の事例を忠実に実行するなら、彼らはおそらく顧客に新しいモデルを強制するために最大限の努力をすることでしょう。彼らは、人々が既存のメトリックと契約を更新することができますが、彼らは任意の増分ライセンス購入が必要な場合、彼らはおそらく新しい – とコスト – モデルを強制されます」

また、Guarente氏は、Javaの使用量を最小限に抑えるために何年も費やしてきた企業は、従業員毎に請求される新しいモデルによって、コストが何倍にもなると指摘している。

「ある顧客は、会社全体でOracle Javaのユニバーサル・ライセンス契約を結んでいますが、新しい価格設定では、Javaにかかるコストが10倍にもなってしまうのです。私たちは他のいくつかの企業について分析を行いましたが、顧客がOracle Javaの利用を最小限に抑え、低価格を実現していた事から、平均して 2 倍から 4 倍の価格上昇が見られます

さらに、「Oracleは、あなたがソフトウェアをダウンロードしたことを知ることができるだけでなく、Javaの場合、あなたがソフトウェアをインストールし、実行を開始したことも知ることができるのです。ある顧客は、『Oracleの担当者が言ったことを見てください。彼らは、私たちがこのようなものをダウンロードしていることを知り、Javaサブスクリプションの更新が4月に行われるため、新しい価格モデルについて話したがっています』と言ってきました」

House of BricksのCEOであるNathan Biggs氏は、従業員250人、Javaデスクトップユーザー20人、Javaインストール済みプロセッサ8人の企業が、旧モデルで年間3,000ドル、新モデルでは1,400パーセント増の年間45,000ドル支払うと試算している。

「これが組織にとって何を意味するかというと、Javaのユーザー数やサーバーの設置台数にかかわらず、すべての従業員、請負業者、コンサルタント、エージェントがJavaの利用料金を算定しなければならないことを意味します。サブスクリプション料金が大幅に増加する可能性があります」と、Biggs氏は述べている。

このことは企業のみならず、エンドユーザーにとっても影響のある出来事だ。Oracleのこの変更がどの程度影響があるかはまだ未知数だが、今後の推移を見守りたい。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする