あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

3月、OpenAIはChatGPTに用いられているAI技術の最新バージョン「GPT-4」を正式に発表した。しかし、その時点では、特定の開発者がウェイティングリストに登録した場合にのみ利用可能だった。また、ChatGPT Plusの有料会員も限定バージョンで利用可能だった。このGPT-4は、Microsoft独自のBingチャットボットにも部分的に用いられている物だ

今日、OpenAIはGPT-4が有料APIアクセス権を持つすべての開発者が一般的に利用できることを明らかにした。同社はブログ投稿で次のように述べている:

今日、支払い成功の履歴を持つすべての既存のAPI開発者は、8KコンテキストでGPT-4 APIにアクセスすることができます。今月末までには新しい開発者にもアクセスを開放し、その後はコンピュート利用状況に応じてレート制限を引き上げる予定です。

ブログポストでは、OpenAIは今日からさらに多くのAPIを一般公開すると付け加えた。これにはGPT-3.5 Turbo、Whisper、DALL-E画像生成APIが含まれる。最後に、ブログポストによると、OpenAIは「GPT-4とGPT-3.5 Turboの微調整を可能にする」ことに取り組んでおり、2023年後半に開発者向けに提供する予定だという。

OpenAIはまた、開発者がChatGPTのために「会話体験と幅広い完了タスクを構築」できるように、3月にChat Completions APIを開始した。現在、Chat Completionsは “我々のAPI GPT使用量の97%”を占めているとのことだ。その結果、2024年1月4日から、古いCompletion APIを使用する旧モデルの一部を引退させる。と述べている:

この API は引き続きアクセス可能ですが、本日より開発者向けドキュメントでは “レガシー” と表示します。今後のモデルや製品の改良は、Chat Completions API に集中する予定であり、Completions API を使用した新しいモデルを公にリリースする予定はありません。

古いChatGPT埋め込みモデルを使用している開発者は、1月4日までに現在のtext-embedding-ada-002モデルに切り替える必要があるとのことだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする