iPhoneで、新機能 “キーボードの触覚” をオンにするとバッテリー消費が増えるようだ

masapoco
投稿日 2022年9月21日 13:49

iOS 16では、ついにタイピング中に触覚フィードバックをオンにできる機能が追加された。これは、iPhoneのディスプレイキーボードでキーを押すたびに、指先の下に小さな振動を感じることができるようになる機能だが、使用する際は、少し注意が必要なようだ。

既にAndroidでは導入されていたため、Androidユーザーには馴染みのある機能かも知れないが、実はiPhoneには、触覚キーボード(ハプティックキーボード)機能がこれまで導入されていなかった。

仮想キーボードは素晴らしいアイデアではあるが、クリック感がない事から、誤入力のリスクも伴う。そのリスクを軽減するのが「触覚フィードバック」だ。この機能を使うと、キー入力をする度に、小さな振動で入力が行われたことを指先に伝えてくれる。これらの小さな振動は便利ではあるが、どうやら、バッテリー消費に影響を与えるようだ。Appleは「触覚フィードバックをオンにすると、iPhoneのバッテリー消費に影響を与える可能性がある」と説明する。

残念ながら、Apple は、この触覚フィードバックの使用により、どの程度バッテリー消費に影響するのか、具体的な数値は述べていない。サポートページの文書では、「キーボードの触覚をオンにする (振動させる) と、iPhone のバッテリーの持続時間に影響する場合があります」とだけ述べられている。実際にどの程度バッテリーに影響を与えるのかは、ユーザー毎の使用頻度にもよるのだろうが、触覚フィードバック自体のバッテリー消費はそこまで大きくはないようだ。

デフォルトではオフになっているようだが、もし触覚フィードバックを使いたいならば、[設定]アプリ>[サウンドと触覚]>[キーボードのフィードバック]セクションで切り替えることが可能だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 50473 99282 EU iPhone 14 pro max opening xl
    次の記事

    標準モデルの改善と比較して、iPhone 14 Proの修理は難しいままな模様

    2022年9月21日 14:20
  • 前の記事

    Windows 11バージョン22H2へのアップデートを手動で行う方法

    2022年9月21日 17:41
    Windows 11 logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事