あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は、AIアクセラレータの需要がかつてなく高まっている中、日本企業との協力を通じて、日本に半導体工場のネットワークを構築する計画を発表した。

Huang氏は、西村経済産業大臣との会合で、AI開発のための日本の技術的専門知識と産業能力を強調し、「日本は、日本国内で独自のAIを創造するためのすべての技術的専門知識と産業能力を持っている」と述べた。

さらに、Huang氏は、日本でのAIスタートアップの育成を支援するNVIDIAのコミットメントを表明した。この動きは、将来の技術を進展させるために不可欠な最先端の半導体生産への投資を促進する政府の取り組みと一致するものだ。

また、岸田首相は、TSMCを支援するために数千億円規模の財政支援を拡大している。さらに、ハイエンドチップ製造において競争力のある存在を確立しようとする国策スタートアップ、Rapidusへの支援も行っている。

Huang氏は、SoftBankさくらインターネット株式会社、NTTを含む日本企業との協力を発表し、生成AIの研究を進めることを発表した。岸田首相は、生成AI開発において重要な役割を果たすGPUをできるだけ多く供給するようNVIDIAに促した。

岸田首相との議論の中で、Huang氏はNVIDIAのGPUに対する高い需要を伝え、日本への優先供給を約束している。

さらにHuang氏は、生成AIと日本の製造技術を組み合わせることの変革的な可能性を強調し、国内のロボティクス分野における革命を予見した。この発表は、競争力を高めるために生成AIを採用する日本企業の動きを加速させるだろう。

NECやSoftBankなどの日本企業は、AIアプリケーションへの関心が高まる中、生成AIサービスに既に進出している。日本政府は、経済成長を刺激するためにAIイニシアティブを積極的に支援している。Huang氏は、岸田首相との会話で、日本が生成AIの進化する時代においてリーダーシップを発揮し、地元産業に新たな機会をもたらす方法についての洞察を共有している。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする