NVIDIA CEO、米国のサプライチェーン独立には20年かかると発言

masapoco
投稿日
2023年12月1日 7:01
nvidia ceo jensen huang with geforce rtx 4090 gpu

NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は、DealBook Summitのインタビューの中で、アメリカ合衆国が半導体供給チェーンの独立を達成するには「数十年」が必要であるとの見解を示した。

Huang氏によれば、アメリカが半導体産業において自立を目指すことは「困難」な挑戦であるとのことだ。グローバルな供給チェーンは多様であり、TSMCのような企業が大きなシェアを占めているため、それらを単一の国に集約することは容易ではないというのが彼の見解である。

Huang氏は、「私たちのシステムは35,000の部品から成り立っており、そのうち8つはTSMCから来ています。供給チェーンの独立は挑戦的で、私たちはそれを試み、努力すべきです。しかし、供給チェーンの完全な独立は、今後10年から20年の間は現実的ではありません」と述べている。

アメリカは現在、半導体分野でのグローバルな優位性を確保することを目指しており、過去5年間で国内生産施設の設立を加速している。さらに、CHIPS法などのインセンティブを通じて、市場に約520億ドルを投じている。これは、技術企業に提供された最大のパッケージの一つと見なされており、TSMCやIntelなどのチップ企業がアメリカでのファウンドリ設立に乗り出すきっかけとなった。しかし、これらの「厳格な」努力にもかかわらず、上記の開発はまだ結論に至っていない。

半導体産業におけるアメリカの独立達成の実現可能性について言えば、最先端施設の建設に時間がかかるだけでなく、それらを「生産」段階に移行することも当初は困難である。さらに、TSMCのような企業も、アメリカ以外の場所で高度なプロセスを実際に生産することには躊躇している。これは、技術移転のリスクが常に存在するためであり、台湾の当局者もこの懸念を示している。

彼のスタンスは、Biden 政権が現在発表している予測とはやや食い違う。Ars Technicaによると、国立標準技術研究所のLaurie E. Locascio所長は、「10年以内に、米国が世界で最も洗練されたチップを製造し、パッケージ化することを想定している」と述べた。Huang氏は、10年というのは理論的には可能だが、見積もりとしては低い方だと述べた。

Huang氏はまた、米国の制裁によって複雑な関係にある、中国へのNVIDIAハードウェアの販売という微妙な話題にも言及した。同氏は、NVIDIAは中国を含むできるだけ多くの企業とビジネスを行いたいと述べた。しかし、米国の国家安全保障も重要であるため、中国に安全に販売できるよう、規制に準拠したGPUを設計すると述べた。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 0. Android Blog Header
    次の記事

    Android、Wear OS、Google TVに多数の新機能が追加

    2023年12月1日 9:02
  • 前の記事

    Windows 11、パフォーマンスを落として消費電力を削減する「省エネモード」がテスト中

    2023年12月1日 6:51
    microsoft 365 bsy0 z5RTfk unsplash
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事