Android、Wear OS、Google TVに多数の新機能が追加

masapoco
投稿日 2023年12月1日 9:02
0. Android Blog Header

Googleは、Androidデバイス、Wear OSスマートウォッチ、Google TVデバイスに対して、今後数週間のうちに徐々に提供される新しい機能とアップデートを発表した。これらのアップデートは、デバイスのカスタマイズを強化し、より表現力豊かで便利、安全、アクセシブルなものにするものだ。以下の11個が、新たな機能のリストとなる。

11のAndroidにもたらされる新機能

1. 新しいEmoji Kitchenステッカーの組み合わせ

Gboardを通じて、お気に入りの絵文字をリミックスし、ステッカーとして友達と共有できるようになった。

2. Voice Moods in Google Messages(ベータ版)

音声メッセージにユニークな背景と動く絵文字テーマを追加し、感情をより表現力豊かに伝えることが可能になる。

3. Google Messagesのリアクションエフェクト(ベータ版)

シンプルなサムズアップだけでは物足りない時に、フルスクリーンのアニメーション絵文字を表示し、会話を盛り上げる。

4. Google TVの新しい無料TVチャンネル

10以上の新しい無料チャンネルがGoogle TVに追加され、映画、スポーツ、ゲームショーなどを含む100以上の無料チャンネルを楽しむことが可能になった。無駄にサブスクリプション契約する必要がなくなり、コスト削減に繋がる可能性がある。

5. Wear OSスマートウォッチからのスマートホームデバイスとライトグループの制御

対応するスマート家電のオン/オフやドッキング、ライトグループの制御が可能になった。

6. スマートホームデバイスの在宅/外出ステータス設定

Wear OSスマートウォッチからGoogle Homeのステータスを在宅または外出に設定出来る様になった。これにより、外出中でもカメラがオンになっていて、ドアがロックされ、照明がオフになっていることが把握できるようになった。

7. Wear OSでのアシスタントルーチン

近日中に、Wear OSスマートウォッチから音声コマンドでアシスタントルーチンを開始することが可能になる。たとえば、職場に移動したり、天気を確認したり、その日の予定を聞いたりするのに役立つ「通勤」ルーチンを設定している場合、一日中いつでも「OK Google、通勤」と言うことでそのルーチンを開始できる。

8. セキュリティキーでのログインの簡素化

ユーザー認証を要求する Web サイトやアプリのFIDO2セキュリティキーにカスタムPINを設定し、面倒なパスワードなしでログインできるように簡素化された。

9. ウォッチフェイスのアシスタントAt a Glance

Wear OSスマートウォッチで、天気警報、旅行情報、イベントリマインダーなどの重要な情報を表示する。

10. AI画像説明の聞き取り

画像に正確なテキスト説明が含まれていない場合、TalkBackがAIを使用して画像の説明を作成し、読み上げるようになった。

11. ライブキャプションを通じた通話とメディアアクセスの改善

電話通話とデバイス上のメディアがよりアクセシブルになり、ライブキャプションで複数の言語が利用可能になる。

また今後数週間かけて、より多くの言語がライブ キャプションで利用できるようになる。さらに通話中に、音声で読み上げられる応答をテキスト メッセージで送信して応答する機能も間もなく利用可能になる予定だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • steam link
    次の記事

    Steam VRゲームがQuest 3、Quest 2などでワイヤレスでプレイすることが可能に

    2023年12月1日 9:21
  • 前の記事

    NVIDIA CEO、米国のサプライチェーン独立には20年かかると発言

    2023年12月1日 7:01
    nvidia ceo jensen huang with geforce rtx 4090 gpu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事