ティラノサウルスの牙は唇で覆われ隠れていたことを示す新たな研究結果

The Conversation
投稿日 2023年4月3日 12:22
file 20230330 28 gk7yku

ティラノサウルス・レックスを思い浮かべて欲しい。多くの人は、口を閉じても見える巨大な牙を持つ、うろこ状の巨人を想像するのではないだろうか?

これは、30年以上にわたって大衆文化が永続させてきた、歯を持った捕食恐竜のイメージだ。

しかし、『Science』誌に掲載された我々の新しい研究は、ティラノサウルスの巨大な歯でさえ、鱗状の唇で覆われていただろうと示唆している。

1830年代に恐竜の姿を再現するようになってから、古生物学者や芸術家は恐竜の顔の見え方について異なる意見を持つようになった。1980年代以降、芸術家や科学者は、口がなく歯が露出した獣脚類(ティラノサウルス、ヴェロキラプトル、鳥類を含む系統)の恐竜をほとんど描いてきた。

1993年に公開された映画『ジュラシック・パーク』とその象徴的なT.REXのおかげで、この外観は大衆文化に深く根付いた。ジュラシックパークの制作者は、当時としてはティラノサウルスを正確に再現したにもかかわらず、暴君の歯の大きさと見え方を意図的に誇張した。このような外観になったのは、特定の研究や化石の発見によるものではない。唇のない恐竜が広く採用されたのは、科学的な再検討というよりも、新しい獰猛な外観の美学を好んだためである。

しかし、唇のない獣脚類が科学的に根拠がないとは言い切れない。恐竜の同類であるワニ類や、現存する唯一の恐竜である鳥類は、トカゲのようなうろこ状の唇ではなく、硬くて動かない組織を顎の周りに持っている。そのため、クロコダイル類や鳥類に関連する絶滅動物(すべての捕食恐竜を含む)は、唇のない顔をしていたと推論するのが妥当だったのだ。

私たちの新しい研究は、11年の歳月をかけて行われたもので、この会話に新しいデータをもたらしている。私のチームは獣脚類の化石を分析し、生きている爬虫類と比較した。その結果、捕食する恐竜はおそらくトカゲに見られるような唇を持っていたことが分かった。

私たちの研究のひとつは、歯の損傷についてだ。例えば、クロコダイルは外側の歯がかなり磨り減っている。しかし、顕微鏡を使って獣脚類の歯を調べ、クロコダイル類の歯と比較したところ、獣脚類の歯はかなり損傷が少ないことが分かった。

獣脚類とクロコダイル類の違いは、これだけではない。すべての爬虫類は、顎の骨に口腔内の皮膚や歯茎のための血管や神経を収納する小さな穴があり、通常は数ミリ幅しかないのだ。

唇のある爬虫類、トカゲやトゥアタラ(恐竜時代のトカゲに似た爬虫類グループの最後の生き残り)には、これらの穴が比較的少なく、ほとんどが歯の近くに位置している。しかし、クロコダイル類の頭蓋骨は、何百もの小さな開口部で覆われており、それは彼らの敏感で堅い顔の皮膚に関係している。

その結果、獣脚類の顎の骨はトカゲに似ていて、顎の縁に近い部分の開口部の数が少ないことが判明した。これは、クロコダイル類の古代の絶滅した親類にも当てはまる。このことから、現生クロコダイル類の特異な顔貌は、恐竜や鳥類と共通の特徴ではなく、彼らの系統の中で進化したことが示唆される。

また、歯の大きさにも注目した。捕食する恐竜の中には、現生爬虫類よりもはるかに大きな歯を持っているものがあり、それによって唇に包まれるのを防いでいた可能性がある。獣脚類の歯の高さと頭蓋骨の長さの比率を計算した。そして、大型獣脚類に匹敵する食性を持つ唯一の現生動物のコモドオオトカゲを含む唇のあるグループであるオオトカゲの同じ値と比較したのだ。

その結果、大歯のT.レックスでさえも、生きているトカゲよりも大きな歯を持っている捕食恐竜はいなかった。実際、クロコダイル・モニターのような種は、獣脚類の中でも割合に大きな歯を持っている。

最後に、唇のない獣脚類の顎が閉じる仕組みをモデル化したところ、唇のない獣脚類が口を閉じることは不可能であることが分かった。顎を無理やり閉じると、顎を支える骨が砕けたり、顎の関節が外れたりする。常に口を開けていたため、口腔内の健康に問題があり、脱水症状を起こす危険性もあっただろう。

これらの研究を総合すると、獣脚類の口の解剖学的および機能性は、ワニよりもトカゲに似ているようだ、という同じ結論が導かれる。このことは、トカゲのような唇が歯を覆っていたことを示唆している。

もし、トカゲが獣脚類の口の最良のモデルであるとすれば、恐竜の唇は、哺乳類の唇のように筋肉質ではなかったと思われる。だから、恐竜は映画で時々見せるような唸り声を出すことができなかったのだろう

ハリウッドの恐竜とはさらに対照的に、獣脚類には大きな歯茎を与える必要がある。ワニや哺乳類とは異なり、トカゲ科の爬虫類は、肉を引き裂くのに適した歯であっても、歯冠の一部または全部を覆う大きな歯茎を持つ傾向がある。このため、口を開けたときに歯が小さく見えたり、見えなくなったりするのだ。

鱗状の唇と合わせて、肉食恐竜の顔や口は、私たちが想像するよりも柔らかい印象だったのかも知れない。しかし、これに惑わされてはいけない。その唇と歯茎の奥には、肉を引き裂くような恐ろしい歯があったのだ。


本記事は、Mark P. Witton氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Tyrannosaurus rex: our new research shows it covered its enormous teeth with lips」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Bard Padding
    次の記事

    GoogleのBardは、大学試験の基本的な問題にも答えられなかった

    2023年4月3日 13:32
  • 前の記事

    Bloomberg、金融業界に特化した大規模言語モデル「BloombergGPT」を発表

    2023年4月5日 14:24
    finance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事