タイピングよりも手書きの方が学習効果が高いことが新たな研究から明らかになった

masapoco
投稿日
2024年1月28日 9:20
stydying

デジタル機器の普及に伴い、現代人、特に大人は手書きで文字を書く機会が減っている。キーボードやスマートフォンの画面がほとんどを占め、紙にメモを取った事は遙か昔の出来事になっている人も少なくないかも知れない。しかし、これは果たして脳にいいのだろうか?

ノルウェー科学技術大学の新たな研究によると、手で文字を書くことは、キーボードで文字を打つことよりも高い脳結合をもたらすという。この研究は、学校が生徒に手書きを義務づけるべきかどうかの答えになるかもしれない。

ノルウェー科学技術大学の脳研究者であり、発表された研究の共著者であるAudrey L. H. Van der Meer教授は、「Handwriting but not Typewriting Leads to Widespread Brain Connectivity:A High-Density EEG Study with Implications for the Classroom」というタイトルで発表されたこの研究の中で、生徒や学生にもっと手書きの活動をさせる必要性を強調している。

デジタル機器の使用が増えるにつれ、学校や大学でも手書きでノートを取ることが珍しくなってきている。教師が授業にデジタル教材を使うようになったように、生徒もノートを取る手段をデジタルに移行している。授業を録音して後でノートに書き写したり、スマートフォンやタブレット、パソコンを使って講義の重要なポイントをメモしたりすることもある。

Van der Meer教授は、脳の神経ネットワークがどちらのノートの取り方にどのように反応するかを理解したいと考え、その根底にある神経細胞メカニズムを調べる研究を行った。

研究はどのように行われたのか?

研究チームは、研究への参加に同意した36人のボランティアから高密度の脳波(EEG)データを収集した。ボランティアは、スクリーンに表示される単語を書くかタイプするよう繰り返し促された。

書くように指示されたとき、参加者はデジタルペンを使ってタッチスクリーン上に筆記体で書いた。タイピングを指示された場合、参加者はキーボードを使い、キーを押して単語を形成した。脳波データは、ネットに取り付けられた256個の小型センサーから収集され、参加者の頭上に置かれた。データはプロンプトごとに5秒間記録された。

参加者が手書きで書いたときには、異なる脳領域の結合が増加したが、タイピングしたときには増加しなかった。「我々の発見は、ペンを使うときに正確に制御された手の動きによって得られる視覚情報と運動情報が、学習を促進する脳の結合パターンに大きく寄与していることを示唆しています」とファン・デル・メールは語った。

脳波データ解析の結果、手で文字を書くことによって、脳内の結合パターンがより精巧になることが示された。「私たちの発見は、ペンを使うときに正確に制御された手の動きによって得られる視覚情報と運動情報が、学習を促進する脳の結合パターンに大きく寄与していることを示唆しています」とVan der Meer教授は述べている。

手で書くことがなぜ良いのか

参加者はペンを使わなかったし、紙にも書かなかったが、研究者たちは、デジタルペンを使わなくても同様の結果が得られると確信している。Van der Meer教授は、脳活動の違いは、手書きで文字を書くときに必要な注意深い文字の形成によるもので、感覚をより多く使うからだと説明している。これは本物のペンでもデジタルペンでも同じである。

一方、キーを叩いて文字を得ることは、脳への刺激が少ない。Van der Meer氏は、タブレットを使って学習し、文字を書く子供たちの例を挙げた。このような子供たちは、しばしば「b」と「d」のような文字を識別するのが難しい。これは、これらの文字がどのように作られるかを体が感じていないからだろう、と研究者は付け加えた。

「このような脳の広範な結合は、記憶の形成や新しい情報の符号化に重要であることが知られており、したがって学習に有益なのです」とVan der Meer教授は説明する。

この研究は、授業中はノートをタイプするのではなく、ペンを使うことを許可する必要があることを示唆している。また、生徒に最低限の手書き指導をすることも、十分なステップになりうる。

「デジタル機器が紙とペンに取って代わるにつれ、学校や大学では手でノートを取ることがますます珍しくなってきている。手書きよりもキーボードの方が速いことが多いので、キーボードの使用が推奨されています。しかし、ペンで書くことは、スペルの正確さと記憶の想起を向上させることが分かっています」とVan der Meer教授は述べている。

一方、長い文章やエッセイを書くときには、キーボード付きのコンピュータを使った方が実用的かもしれないと、研究者は締めくくった。


論文

参考文献

研究の要旨



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Russia
    次の記事

    ロシアは昨年17億ドル相当の米欧先端チップを不正に入手した

    2024年1月28日 9:54
  • 前の記事

    ChatGPTの新機能”@GPT”がOpenAIのユニバーサルアシスタント構想を切り拓く

    2024年1月28日 6:30
    chatgpt unsplash
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • neuralink inplant

    Neuralink、脳インプラントを埋め込まれた被験者がPCでチェスや『シヴィライゼーション VI』をプレイ出来たと発表

  • 4f1c163fec5bdd85dfb3c558f04c15cb

    脳インプラント技術の未来 – 人の心をつなぐインターネットの興味深い一端を垣間見る

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

  • 054e66f4b04e57c58f391d7fd1f2bca6

    脳が「フロー」や「ゾーン」と言った超集中状態をどのように実現しているかが明らかになった

今読まれている記事