あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

創造性を発揮する脳の新しいハック方法が新たな研究から明らかに

創造力は生まれつきのものだと思っていないだろうか?もう一度考えてみて欲しい。

多くの人は、創造的思考は難しいと考えている。斬新で興味深い方法でアイデアを出す能力は、一部の才能ある人だけに備わっていて、他のほとんどの人には備わっていないと思っている。

メディアでは、クリエイターは一風変わった性格で、ユニークな才能を持った人たちであるとよく言われる。しかし、研究者たちは、新しい経験やアイデア、視点に対してオープンであるなど、創造性と関連する多くの性格的特徴を特定しているのだ。

また、会計士やデータアナリストなど、伝統的で創造的でないと思われがちな職業を含め、創造的な職業に就いていない人も、自分が従来の考え方を持っていると考えている人にとって、これらの特徴を合わせると、悲惨な状況にあるように思われる。

このような考え方は、創造性が脳内でどのように働くかについて、重要な部分を見逃している。創造的思考は、あなたが気づいているかどうかにかかわらず、実は毎日行っていることなのだ。

さらに、創造性は強化できるスキルでもある。このことは、自分をクリエイティブな人間だと思っていない人や、クリエイティブな仕事に就いていない人にとっても重要なことだ。

組織と経営の研究者であるChris BaumanMaia Youngと私が共同で最近発表した研究では、イライラする状況を再解釈するだけで、従来の考え方をする人の創造性を高めることができることが発見されたのだ。

感情に対処するための創造的思考

創造性とは、しばしば「斬新で有用なアイデアや洞察力を生み出すこと」と定義される。つまり、創造的な思考とは、独創的で予想外のものであると同時に、実現可能で有用なものなのだ。

例えば、余った食材を組み合わせておいしい料理を作る、家事の新しいやり方を思いつく、古い服を混ぜて新しいスタイルを作るなど、創造性の例は日常的にたくさんある。

また、「感情の再評価」といって、ある状況を別のレンズで見て、自分の感情を変化させるという方法もある。これには、クリエイティブな要素が含まれている。既存の視点や思い込みから脱却し、新しい考え方を生み出すのだ。

例えば、駐車違反の切符を切られてイライラしているとしよう。その嫌な気分を和らげるために、罰金を学びの場と考えることができる。

仕事のプレゼンが不安なら、下手をすると降格するような大舞台ではなく、アイデアを出し合うチャンスだと思えば、不安に対処できる。

また、会話の中で誰かが不必要に喧嘩腰に見えたことに腹を立てているのなら、その行動を悪意ではなく、意図的なものだと考えて、状況を見直すことができる。

創造的な筋肉を鍛える

創造的思考と感情再評価の関連性を検証するために、我々は279人を対象に調査を行った。創造性が高い人ほど、日常生活の中で感情的な出来事をより頻繁に再評価する傾向があった。

私たちは、感情の再評価と創造的思考との関連性に触発され、この洞察を用いて、人々がより創造的になるための方法を開発できないか、と考えたのだ。つまり、感情の再評価を実践することで、創造的な筋肉を鍛えることができないか、ということである。

私たちは、2つの新しいサンプル(合計512名)の参加者に、感情的な反応を引き起こすようにデザインされたシナリオに遭遇させる2つの実験を行った。参加者には、3つのアプローチのうち1つを用いて感情をコントロールすることを課した。あるグループには感情的な反応を抑えるように、他のグループには気を紛らわすために他のことを考えるように、そして最後のグループには別のレンズで状況を見ることによって再評価するように指示をした。また、感情をコントロールする方法について何も指示されなかった参加者もいた。

その後に行われた一見関係のなさそうな課題では、仕事上の問題を解決するために創造的なアイデアを出すよう参加者に求めた。

実験では、再評価を試みた従来型思考者は、抑制や気晴らしを用いたり、全く指示を受けなかった他の従来型思考者よりも創造的なアイデアを思いついたのだ。

柔軟な思考力を養う

仕事や人生において、ネガティブな感情は避けられないものだ。しかし、人はしばしば自分のネガティブな感情を他人に隠したり、イライラを考えないように気晴らしをしたりします。

私たちの発見は、管理職が従業員の能力を最大限に活用する方法を考える上で示唆に富んでいるだろう。管理職は一般的に、求職者を創造的な仕事と非創造的な仕事に振り分ける際、創造的な可能性を示す手がかりをもとに判断している。しかし、このような採用方法では、創造的な成果を生み出すのに重要な役割を果たす知識や経験を持つ従業員へのアクセスを制限してしまう可能性がある。

その結果、労働力のかなりの部分の創造的な潜在能力が十分に活用されない可能性がある。私たちの発見は、上司が従業員の創造性を育成するためのトレーニングや介入を行うことができることを示唆している-たとえ、創造性を発揮する素因がないと思われる従業員に対しても。

また、私たちの研究は、人々が日々、ネガティブな感情を経験したときに、柔軟な思考を実践できることも示している。 人は常に外的状況をコントロールできるとは限らないが、感情的な状況に対処する方法を選択する自由はある。また、生産性と幸福を促進する方法でそれを行うことができるのだ。

本記事はThe Conversationに掲載された記事「How to unlock your creativity – even if you see yourself as a conventional thinker」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

著者紹介
Lily Zhu

Dr. Lily Zhu

Assistant Professor of Management, Information Systems and Entrepreneurship, Washington State University

ワシントン州立大学カーソンビジネスカレッジの経営・情報システム・起業家学科で助教を務めています。2022年春、カリフォルニア大学アーバイン校のポール・メレージ・ビジネススクールで組織とマネジメントの博士号を取得しました。

私の研究は主にミクロレベルでの組織行動と起業家精神を検証するもので、現在は感情や感情管理が起業家のピッチ、創造性、意思決定にどのように影響するかに関連する質問に焦点を合わせています。私の研究は、2021年のアカデミー・オブ・マネジメント年次総会で最優秀論文賞と特別論文賞を受賞しています。

また、私は教えることにも情熱を注いでいます。私は、学部ビジネス専攻のコアカリキュラムの一部として組織行動を教え、いくつかのMBAまたは学部コースのアシスタントを務めてきました。私は、2020-2021年度のポール・メラージ・ビジネススクールの学部課程の優秀博士号取得者賞を受賞しました。

大学院に入学する前は、ジョンズ・ホプキンス大学で心理学と経済学のダブルメジャーで学士号を取得しました。また、ジョンズ・ホプキンス大学のInstitute for Applied Economics, Global Health, and the Study of Business Enterpriseで研究を行い、ワシントンDCのコンサルティング会社で働きました。

前職では、歌手、作詞家、作曲サークルを主宰していました。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする