あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

JEDEC Solid State Technology Associatioは、JESD318: Compression Attached Memory Module(CAMM2)共通標準の発行を発表した。これは、ノートPC向けのRAMの新しいフォームファクタであり、これまでCAMMと呼ばれていたものだが、正式に「CAMM2」として発表となった。

CAMMは、DELLがPrecision 7670ノートパソコンで導入した独自技術から始まったものだが、SO-DIMMに対して大幅に薄いというその利点は目を見張るものだった。DELLによればSO-DIMMより57%薄く、さらにDDR5 SO-DIMMメモリの6,400MHzの壁を乗り越え、”これまで以上に高いクロック速度に拡張できる”ものだった。

DELL独自規格であったため、入手性に難があったCAMMだが、GDDR6、HBM3、DDR5などのメモリの仕様を策定する組織であるJEDECによって標準化されることで、はるかに容易にユーザーが入手しやすい物になることが期待できる。

CAMM2仕様には、DDR5用とLPDDR5(X)用の2種類がある。DDR5 CAMM2は、パフォーマンスノートブックとメインストリームデスクトップを対象としており、LPDDR5/5X CAMM2は、より広範囲のノートブックと一部のサーバー市場セグメントをターゲットにしている。注目すべきは、CAMM2によって、はんだ付けされていないLPDDR5(X)メモリが可能になり、はんだ付けされたDDR5 RAMの使用が抑制される可能性があることだ。しかし、この2種類はピンアウトが異なるため、もう一方のタイプのRAM用に作られたマザーボードで一方のタイプを使用することは出来ない。

CAMM2のもう1つの利点は、デュアルチャネルメモリを有効にするために複数のメモリモジュールが必要ないことだ。デュアルチャネル CAMM2 コネクタを縦に 2 つのシングルチャネル CAMM2 コネクタに分割することで、各コネクタの半分がCAMM2を異なるレベルに昇格させることができる。最初のコネクタ部分の半分は、高さ 2.85mmのDDR5メモリチャネルを 1 つサポートし、後半の半分のコネクタは、高さ7.5mmの別のDDR5 メモリチャネルをサポートする。あるいは、CAMM2 コネクタ全体をデュアルチャネル CAMM2 で使用することもできる。

これは、CPUと統合グラフィックスにより多くのメモリ帯域幅を与えて、より高いパフォーマンスを実現する事を可能にする。比較として、SO-DIMMメモリは、1スティックにつき1チャネルしか持つことができなかった。

CAMM2は非常に新しいため、当初はSO-DIMMよりもはるかに高価になることは間違いないが、ノートパソコンやその他のモバイル機器の新しい標準になることは間違いなさそうだ。とはいえ、SO-DIMMが段階的に廃止されるにはまだ時間がかかりそうで、2つの規格はしばらく並行して存在する事が予想される。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする