新型コロナウイルス感染症は脳に微細な構造的変化をもたらしていた

masapoco
投稿日
2023年11月27日 12:18
90

新型コロナウイルス感染症も感染症法上の扱いが変わり、日本も徐々にコロナ禍前の状況を取り戻しつつあるが、新たな研究によると、新型コロナウイルス感染症に侵された人々に起きた変化は我々が考えているよりも身体の深い部分に起きていることが判明した。

今回、長期間新型コロナウイルス感染症に罹患し、その後完全に回復した患者、および新型コロナウイルス感染症に感染していない被験者とを比較し、長期コロナ患者における脳の微細構造変化を調査したところ、特定の脳ネットワークの変化と関連していることを示唆しされたのだ。

この研究の主任研究者であるドイツ・フライブルク大学病院のAlexander Rau氏は、「私たちの知る限り、これは長期COVID患者をCOVID-19の歴史がないグループと、COVID-19感染後に主観的に障害がないグループと比較した最初の研究です」と説明している。

研究では、拡散微細構造イメージング(DMI)と呼ばれる比較的新しい脳画像技術を使用した。この技術は、脳組織を通る水分子の動きを追跡し、脳の微細構造の高解像度画像を提供する。

研究者たちは、一般的に脳の病変や異常を探していたが、新型コロナウイルス感染症の患者と感染していない人との間で顕著な違いは検出されなかった。しかし、微細構造の脳の違いに焦点を当てると、重要な変化が明らかになった。

Rau氏は、「ここでは、長期コロナ患者だけでなく、新型コロナウイルス感染後に障害がない患者の両方で、灰白質の変化が観察されました」と述べている。「興味深いことに、長期の患者だけでなく、新型コロナウイルスに感染した後に障害がない患者においても、広範囲にわたる微細構造の変化が観察されました」と述べている。

では、長期の新型コロナウイルス患者と完全に回復した患者を区別するものは何か?

研究者たちは、長期コロナウイルス患者の症状の集合体(疲労、嗅覚喪失、認知障害)が、脳の特定の微細構造変化のパターンと相関していることを発見した。したがって、長期の患者と回復した患者を区別するのは、病気が特に脳をどのように形作るかであるようだ。

「COVID後の症状の表現は、特定の影響を受けた脳ネットワークと関連しており、この症候群の病理生理学的基盤を示唆しています」とRau氏は指摘している。

この結果は、長期コロナウイルス患者の実際の病理学的基盤を確認しているが、研究者たちは将来調査したいいくつかの疑問を提起している。例えば、これらの微細構造の変化は、長期コロナウイルス患者の症状が変化するにつれて時間とともに改善するのか?そして、コロナウイルス患者が長期コロナウイルスを特徴づける脳の変化を発達させることに何が影響するのか?

この新しい研究は、2023年北米放射線学会年次会議で発表される予定である。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • cctv data center
    次の記事

    中国で世界初の商用海底データセンタープロジェクトが進行中

    2023年11月27日 13:35
  • 前の記事

    次世代宇宙望遠鏡は変形可能なミラーを使い太陽系外惑星を直接撮影出来るようになる

    2023年11月27日 11:53
    deformable mirrors2
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

  • brain computer interface

    脳は睡眠中に神経細胞の電気パルスによって老廃物を洗い流している

  • salt mo

    ナト・カリ塩は高血圧予防に役立つ可能性があるが、なぜ使用する人が少ないのだろうか

  • Alzheimer

    非常に稀な条件下でアルツハイマー病が人から人へ伝染した例が初めて確認された

  • f8d0057f9d6fdbdcde3f5c97642210a7

    マウスの体内にあるT細胞を改造したところ、若返りや老化の抑制が起こった

今読まれている記事