NASAの3回目のアルテミス1ロケット打ち上げは日本時間9月28日午前0時37分と発表

masapoco
投稿日 2022年9月13日 17:40

NASAアルテミス1ロケットが、9月27日(現地時間)に3度目の打ち上げに挑戦する予定であることが、NASAにより発表された。

アルテミス1ロケットは、「メガムーンロケット」と呼ばれる30階建てのスペースローンチシステム(SLS)の上に6人乗りのオリオン宇宙船を乗せたもので、当初は8月29日に月への初航海と往復に出発する予定であった

しかし、技術的な問題から、最初の2回の発射は失敗に終わった。NASAは、エンジニアがロケットの4つのコアステージRS-25エンジンのうちの1つを、打ち上げに間に合うように安全な温度まで冷却することができなかったため、打ち上げは中止された。1度目の中止では、この問題を温度センサーの不具合のせいだとし、解決したと発表した。その後、ロケットの2回目の打ち上げの際、過冷却液体水素燃料の充填中にアラームが鳴り、エンジニアはエンジンの1つのシールに隙間があることを発見した。NASAによると、エンジニアは3回にわたってこの漏れを塞ごうとしたが失敗したという。

NASAによると、漏れがあったのはSLSコアステージがロケットの移動式発射塔からの燃料ラインと出会う「クイックディスコネクト」で、同機関は漏れ箇所の2つのシールを交換することで修正したという。NASAのエンジニアは、9月17日にロケットに推進剤を送り込むテストを行い、漏れが修復されたことを実証する予定だ。

「新たな打ち上げ日時は、低温実証試験の準備により多くの時間を割くことができ、その後打ち上げの準備により多くの時間を割くことができるという付加価値を含む、複数のロジスティック・トピックを慎重に考慮したものです。この日付はまた、管理者がチームに十分な休息を取らせ、極低温推進剤の補給を行うことを可能にします。」と、NASA当局者は新しい打ち上げ日を発表したブログ投稿に書いている。

オリオンは、打ち上げから38日後に地球に帰還する前に、月面の上空100kmで2回のフライバイを行い、月の外側64,000kmまで飛行する予定である。

また、NASAはカプセルに3体のマネキンを格納し、飛行中の放射線と熱のレベルをテストするために使用される。また、無重力状態を示すスヌーピーのぬいぐるみも一緒にカプセル内に浮遊する予定だ。

オリオンは音速の32倍の速さで地球の大気圏に突入し、摂氏2,800度まで加熱され、これまでのどの宇宙船よりも高温かつ高速で帰還する予定だ。このため、カプセルの熱シールドが試され、パラシュートとともに空気摩擦を利用してオリオンの速度を時速32.2kmまで落とし、その後、メキシコのバハカリフォルニア沖の太平洋に安全に落下し、回収の準備が整うことになる。

この後、2024年にアルテミス2、2025/2026年にアルテミス3が飛行する予定だ。アルテミス2はアルテミス1と同じ旅程となるが、ここでは4人の有人クルーが搭乗する。アルテミス3は、月の南極に初めて女性と有色人種を送り込む予定だ。

アルテミス1の打ち上げは、9月27日11時37分(日本時間:9月28日0時37分)から、70分の打ち上げウィンドウが開かれる予定だ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • snr0519
    次の記事

    NASAの3つの望遠鏡がわずか670年前に起こった超新星爆発をとらえた

    2022年9月20日 18:28
  • 前の記事

    古代の隕石から見つかった超硬質ダイヤモンドの組成が明らかになり、超硬質材料の製作に繋がる可能性

    2022年9月13日 16:13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事