NASA、誤操作によりボイジャー2号との連絡が途絶

masapoco
投稿日
2023年8月1日 12:31
Voyager spacecraft

NASAは誤ってボイジャー2号に対し、アンテナを地球から離すように指示してしまい、結果、地球との通信が出来なくなってしまっている事が明らかになった。

7月21日、計画された一連の操作が、遠く離れた探査機に送られた。残念なことに、このコマンドは探査機の位置をわずかにずらす原因となった。地球から2度離れたことで、探査機はディープ・スペース・ネットワークの地上アンテナで信号を受信することも、データを送信することもできなくなった。

NASAの探査機ボイジャー2号は、1977年に双子の探査機ボイジャー1号とともに打ち上げられた。ボイジャー1号より16日早く打ち上げられ、当初は木星と土星を調査する5年間のミッションが課された。この探査機は最終的に天王星と海王星のフライバイを実施し、2018年に太陽系を離れ、恒星間飛行に突入した(ボイジャー1号は2012年に突入)。

だが、NASAはまだボイジャー2号を見捨てていない。NASAでは、今回のような事態を想定して、探査機の向きを毎年何度もリセットするようプログラムしている。次のリセットは10月15日に予定されており、すべてが順調にいけば、その時点で双方向通信が再開されるはずだ。それまでは、NASAは探査機が何事もなく現在の軌道を進むことを期待している。

NASAの太陽と宇宙のアカウントからの最近のツイートは、ディープスペースネットワークがボイジャー2号からのキャリア信号を拾い、探査機が元気であることをチームに知らせたと述べている。NASAのジェット推進研究所でボイジャーのプロジェクト・マネージャーを務めるSuzanne Dodd氏は、この “鼓動”が彼らの気分を高揚させたと語った。

ボイジャー1号は、まだ通常通りである。2023年8月1日現在、ボイジャー1号は地球から238億キロメートル以上離れた、人類が作った最も遠い構造物となった。NASAは、ボイジャー1号が電力不足に陥るまで、少なくとも2025年まで活動を続けることができると考えている。また、NASAでは昨年、探査機の寿命を延ばすため、観測機器のスイッチを切り始める指令を与えている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • microwave
    次の記事

    プラスチック容器を電子レンジで過熱すると多量のマイクロプラスチックが発生してしまう事が判明

    2023年8月1日 18:14
  • 前の記事

    PS5、Dolby Atmos、8TB SSD対応などの本体アップデートがベータテスト開始

    2023年8月1日 12:00
    ps5 image
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • Voyager

    NASA、探査機ボイジャー1号から再び理解可能なメッセージを受け取った事を発表

  • 現代物理の法則に反する「量子ドライブ」の実験が失敗

  • SOFIA 1024x811 1

    小惑星表面で水が発見された

  • 1.22.24webbtelescopestephan quintetorigcrop3 e1707612198512

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はダークマターの1つの理論を直接検証できる

今読まれている記事