あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

4人の宇宙飛行士が、地球上に再現された火星のような環境で12カ月を過ごすという壮大な仮想実験が幕を開けた。

これはCHAPEA(Crew Health and Performance Exploration Analog)と呼ばれる、ヒューストンにあるNASAのジョンソン宇宙センターに設置された地上居住施設のおかげで実現する。CHAPEAは、火星の生活環境を地球上に再現する3つのミッションのうちの最初のものである。

NASAはプレスリリースの中で、「このミッションの包括的な目標は、隔離・監禁された火星に関連する資源の制限に関連して、人間の健康とパフォーマンスを評価することです」と述べている。

このアナログ・ミッションは、NASAが来るべき火星探査の準備態勢を強化するのに役立つだろう。アナログ・ミッションは、小惑星、火星、月への短期および将来の探査に備えるもので、宇宙飛行研究の問題解決に重要な役割を果たす。

最初のアナログ・ミッション

CHAPEAミッション1が6月25日(日)に開始され、4人のボランティアが「火星デューン・アルファ」と指定された居住区に入った。CHAPEAのために選ばれたクルーである、Kelly Haston、Ross Brockwell、Nathan Jones、Anca Selariuらは、3Dプリンティング技術を使って建設された157平方メートルの居住区に居住し、活動する。

隣接する密閉された火星の「砂場」で数回の火星散歩をする以外は、1年間この居住区を離れることはない。

Space.comによると、4人の参加者は、STEM(科学、技術、工学、数学)の学位、選択した業界での職業経験、飛行または軍事訓練など、さまざまな基準に基づいて選ばれた。すべての者は、実際の宇宙飛行士ミッションに必要なものと同じ医学的・心理学的テストを受けた。

ミッションを率いるのは、人間病研究科学者でもあるHaston司令官。Brockwell氏は構造エンジニアでミッションのフライトエンジニア、Jones氏は救急医療の経験を持つ医療士官、Selariu氏はアメリカ海軍の微生物学者である。

彼らは3Dプリンターで製作された居住区で生活する。居住区は、クルー用の個室、キッチン、医療研究、レクリエーション、運動、作業、作物開発活動用の指定施設など、さまざまな活動部屋から構成されている。また、技術作業エリアと2つのトイレもある。

居住区で実施される作業

jsc2022e090466 0
クルー用の個室 (Credit: NASA)

NASAによれば、クルーは火星の地形で未来の探査員が経験するような様々な活動に適応する必要がある。

地球を拠点とする探査では、限られた資源での生存、技術の失敗、通信の遅れ、その他の環境ストレスなど、火星で直面する課題をシミュレートする。また、宇宙遊泳のシミュレーション、ロボット操作、居住地のメンテナンスなどの追加活動もクルーによって行われる。

居住区内には火星の重力がないため、クルーは特殊な宇宙用トイレを使用する必要がない。さらに、彼らはソル(火星の日数)時間ではなく、地球時間で働き、生活することになる。

その他の面では、CHAPEAのクルーは、最終的な火星クルーと同じように居住し、活動を行い、火星の状況を忠実に再現した環境を作り上げる。

jsc2022e090458
エアロック (Credi: NASA)

管制室との通信も22分の遅延が設定されており、火星からのメッセージが地球に届くまでの状況を再現している。

栄養補給のため、クルーはミッション期間中、凍結乾燥、温度安定化、保存可能な食料品に頼ることになる。ミッションの科学者たちは、4人の参加者を遠隔で観察・研究する。NASAはこのシミュレーションによって、認知能力と身体能力のデータを収集し、火星への長期ミッションがクルーの健康とパフォーマンスに与える潜在的な影響について、より深い洞察を得ることができるのだ。

最終的に、このミッションはNASAが火星での有人ミッションを成功させるための計画と設計に役立つだろう。最初のミッションは2024年7月7日に終了し、2回目のミッションは2025年に開始される予定である。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする