NASAの見込みでは、ISSの「廃止」には10億ドルかかる

masapoco
投稿日 2023年11月28日 16:33
s134e010137 9371595838 o

国際宇宙ステーション(ISS)はアメリカ、カナダ、日本、ヨーロッパによって1998年に建設が始まり、2011年7月に完成した、地球の低軌道を周回する居住可能な宇宙の施設であり、宇宙生物学、天文学、気象学、物理学などの分野で科学研究を行う微小重力と宇宙環境の研究所として長期にわたって活躍したが、まもなく廃止される運命にある。

2022年1月、NASAはISSの閉鎖計画を発表し、移行計画に関する声明を発表した。Biden-Harris政権は、国際宇宙ステーションの運用を2030年まで延長することを約束しているが、最近、Scientific American誌は、ロシアの複数の宇宙船への依存を避けるため、このISS延命構想にはおよそ10億ドルの資金が必要になる可能性があると報じている。

ISSが直面する課題

この延長の目的は、ISSから科学的、教育的、技術的な利益を継続的に享受すると同時に、宇宙経済を繁栄させるための商業目的地や市場の開発を促進することである。

しかし、ISSの運用終了は、ISSが30年近くその役割を果たしてきたこと、インフラの老朽化に伴う課題に直面していることなど、無数の理由に起因している。

宇宙という過酷な条件下での部品の消耗は、メンテナンスと持続可能性の問題を提示する。さらに、財政的な考慮も極めて重要な役割を果たした。ISSの維持には多額の運用コストがかかり、それはステーションの老朽化とともに上昇するため、適切に維持するには財政的な負担が大きくなる。

Scientific American誌によると、ISSは複数のロシアの宇宙船に頼るのを避けるため、このサービスに10億ドル近くを支払う見込みだという。

「残酷な結末は来年10年初頭に予定されているが、すでに航空宇宙工学と国際外交にとってデリケートな問題であることが判明している」と、同誌は述べている。

ノースイースタン大学の政治学者、Mai’a Cross氏はこう述べた:「ISSは “国際協力と民間協力の重要なシンボル “です。民間協力という点では、多くの人が人類史上最大のプロジェクトと表現すると思います」。

ISSを閉鎖する方法

ISSを撤去する方法は他にも検討されているが、Scientific American誌が取り上げたのは、ISSを地球の大気圏から完全に離脱する軌道まで上昇させるというものだ。しかし、「墓場軌道」にISSを放棄することは、危険を伴い、他の衛星にダメージを与える可能性がある。

「軌道上に放置したくはないでしょう。博物館として考えるのはとてもいいことですが、劣化して壊れてしまうでしょう」と、ハーバード&スミソニアン天体物理学センターの天体物理学者で、軌道上の衛星の監視も行っているJonathan McDowell氏は述べた。

NASA関係者は、ステーションを地球に降ろすための最も安全な方法は、南太平洋の人口の少ない地域に設置することで、潜在的な被害を最小限に抑えることだと示唆した。

しかし、Scientific American誌は、約1時間半の周回軌道を回るステーションは、1分間に250リニアマイル以上の地表を飛び回り、地上の軌道は常に変化しているため、この作業は難しいだろうと指摘している。

「ISSが大気圏を落下している時間が長ければ長いほど、その軌道に沿ってデブリフィールドが広がり、地表のどこかで誤った破片が大惨事を引き起こす確率が高くなる」と、同誌は述べている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • samsung ufs4
    次の記事

    Samsung、AI処理に最適化した新バージョンのUFS 4.0ストレージを開発中との噂

    2023年11月28日 17:51
  • 前の記事

    AmazonのiRobot買収完了にEUが待ったをかける

    2023年11月28日 14:17
    roomba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事