あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Pixelフォンの謎のバッテリー消耗と過熱はGoogleのサーバーサイドの問題だった(修正済)

GoogleのPixelスマートフォンに、突如深刻なバッテリー消耗と過熱が起こる事例が相次いで報告され問題になっていたが、原因はどうやらGoogleのバックエンド側の問題にあり、現在この問題は修正されていることが、9to5Googleへの、Googleの声明から明らかになった。

Googleによると、この問題の修正は現在すべてのデバイスに展開されており、アプリやシステムのアップデートは必要ないとのことだ。

今回の問題に関するGoogleの説明は以下の通り:

最近のGoogle Appのバックエンドの変更により、意図せず一部のAndroid端末でバッテリーの消耗が早くなる問題が発生しました。この問題を認識した後、すぐに修正プログラムを配布しましたので、影響を受けたユーザーの皆様は、お使いの端末がすぐに通常の動作に戻ることを確認してください。この修正には、アプリのアップデートは必要ありません。

影響を受けたユーザー(主にPixel 6または7シリーズ)は、Googleアプリがバッテリー寿命に劇的な影響を与え、1時間に20%もバッテリーが減ったり、触れないほど端末が熱くなる事例に悩まされていた。発熱の問題が、CPUやバッテリーなどの部品に与える影響も懸念されていた。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする