あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft、次世代Surface Pro 10とLaptop 6はSnapdragon X EliteとMeteor Lakeを搭載しデザインも刷新

Windows Centralの独占的な報道によると、Microsoftの次期Surface Pro 10とSurface Laptop 6は、チップセットのアップグレードとともに、ついに新しいデザインを採用する可能性があるようだ。更にMicrosoftはデザインを一新するだけでなく、待望のスペックアップも行うと報じられている。

次世代Surfaceは、2024年春頃の登場の予定とのことだ。Windows Centralによると、Surface Pro 10とSurface Laptop 6のどちらにもQualcommのSnapdragon X Eliteが採用されるほか、Intelの最新第14世代CPUも採用され、ArmチップセットとIntel Meteor Lakeのどちらかをユーザーの好みで選択する事が出来る様になるという。これまでは、ArmプロセッサーはSurface Proのラインナップにしか搭載されていなかった。

QualcommとIntelの両方の構成には、AIに依存するタスクを加速させる専用のニューラル・プロセッシング・ユニット(NPU)が搭載される。NPUはMicrosoftが推進しているAI駆動に役立つ一方で、消費電力やバッテリー消費効率の改善など、特定の設定を最適化するのに役立つという。

しかしMicrosoftは、次世代Windows(コードネーム「CADMUS PC」)向けの専用デバイスとして、Armバージョンにプライオリティを置いているようだ。これらのCADMUSパソコンは、そのハードなパフォーマンスと比類のないバッテリー寿命で、AppleのAppleシリコンベースのデバイスに匹敵するものになる可能性がある。

Microsoftの内部的には、Qualcommのチップセットを搭載したSurfaceコンピューターは「CADMUS」と呼ばれ、コードネーム「Hudson Valley」と呼ばれるMicrosoftの次期Windowsバージョン向けに開発される予定だ。Surface Pro 10とSurface Laptop 6は、Intelの第14世代プロセッサーを搭載した製品とともに、AppleのMチップを搭載したMacと競合すると言われている。少し前に、Qualcommは新たなSnapdragon X Eliteが、AppleのM3チップをも上回る性能を示していると主張しており、省電力性能と相まってWindowsユーザーにとって新たな魅力を提示する物になるだろう。

次世代Surface Proは、新しいチップと共にディスプレイのアップデートも期待出来るようだ。より高い最大輝度、新しいアンチグレアコーティング、HDRサポートが報告されている。ただし、なぜかディスプレイ解像度は低下しており、(2880×1920から2160×1440へ)低価格モデルも検討しているようだ。

次世代Surface Proのその他の変更点としては、商用ユーザー向けのNFCサポート、より広いレンズを備えた前面カメラの改良、新色、専用のCopilotボタンを備えたタイプカバーの更新などが挙げられる。

次世代Surface Laptopに関しては、より薄いベゼルと丸みを帯びたコーナー、2種類のディスプレイサイズ、より多くのポート(少なくとも2つのUSB-C、1つのUSB-A、Surface Connect)、新しい触覚タッチパッドが期待される。さらに、Copilotを起動するための専用ボタンも搭載される予定だ。

2024年にはこれら次世代のSurface Pro 10とSurface Laptop 6が最も注目を集めるはずだが、Microsoftは新しいSurface Laptop GoとSurface Laptop Studio 2の後継機(2025年予定)にも取り組んでいる。さらに、Surface Proのラインアップを11インチモデルで拡充し、ハードウェアを刷新した旧デザインの新型Surface Pro/Laptopを法人向けに提供するというアイデアも試みられている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする