MicrosoftのCopilot Proに一部で遅延の問題が発生している模様

masapoco
投稿日
2024年1月25日 6:58

先週Microsoftは、より優れたパフォーマンスと高度なAI機能をユーザーに提供することを約束した有料サブスクリプションサービス、「Copilot Pro」を発表した。Proサブスクリプションは1ユーザーで月額20ドルで、Windows、Mac、iOSのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteなどのOfficeアプリケーションでCopilotを利用できる。また、Copilot Proには画像生成に関するいくつかの特典が用意されている。

しかし、MicrosoftのChatGPT Plusの代替サービスは、Xユーザーによる遅延の報告が相次いでいる事を見ても、あまり良い出だしとは言いがたいようだ。

Copilot Proについて、MicrosoftはユーザーにGPT-4 Turboへのアクセスを提供し、ピーク時でも優先アクセスとより良いパフォーマンスを提供すると述べた。しかし、現時点では料金を払ってまで使いたくなるような優位性を示せていない状況のようだ。

ピーク時を含め、GPT-4とGPT-4 Turboに優先的にアクセスすることで、パフォーマンスを向上させ、物事をより速く終わらせることができます。

MicrosoftのMikhail Parakhin氏は、この問題をMicrosoft Edgeの効率化モードに絞り込んだ可能性があり、サーバーに関連した問題である可能性ではないと回答している。Edgeの効率化モードは、RAMやCPUなどのコンピュータリソースを節約することで、ユーザーがデバイスのバッテリー駆動時間を延長できるようにするためのものだ。

その後ソフトウェアエンジニアのMark Kretschmann氏もディスカッションに参加し、「クライアント側のパフォーマンスの問題」は Microsoft Edge と Google Chrome の Copilot に共通していると述べた。通常はブラウザを再起動すればうまくいくと同氏は付け加えた。 

だが、その後Microsoft Edgeで効率化モードを有効にしていないにもかかわらず、パフォーマンスの問題が発生したことも指摘している。彼は、Copilot Proのパフォーマンスが低下した原因として、メモリリークまたはリソースリークが考えられると指摘している。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • iphone appstore up
    次の記事

    AppleはEUでアプリのサイドローディングを許可するが手数料ビジネスは手放さない

    2024年1月25日 10:07
  • 前の記事

    Microsoft、OpenAIのGPTモデルに匹敵する小規模で安価なAIモデルの開発のため専門チームを立ち上げる

    2024年1月25日 6:49
    How Microsofts bet on Azure unlocked an AI revolution hero
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • Babylon 7

    Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

今読まれている記事