MicrosoftのAIチャットボットが1周年、Web版Copilotがリニューアルされ画像編集もアップグレード

masapoco
投稿日 2024年2月8日 7:04
Copilot Carousel Hero 1920x1280

Microsoftが、検索エンジンBingにAIチャット機能を追加した事から始まった同社の生成AIへの取り組みから1年が経った。

現在、Bing AIチャットボットはその名を「Copilot」に変え、Copilotブランドの名の下にMicrosoftのAIへの取り組みは強化され続けている。

そして同社は本日、新たにWeb版Copilotに新たなデザイン変更を加えると共に、画像編集機能の追加を発表した。エグゼクティブ・バイスプレジデント兼コンシューマー・チーフ・マーケティング・オフィサーのYusuf Mehdi氏によれば、その他にも多くの今後の展開を予定しているという。

Microsoftによると、リニューアルされたCopilotプラットフォームは、より合理的なデザインを提供し、ユーザーがチャットしやすくなっているという。例えば、新しいインターフェースには、プロンプトのアイデアを表示するカルーセルが含まれている。

また、Copilotでの画像作成機能もは大幅に改善された。ユーザーは画像を作成し、オブジェクトをハイライトしたり、画像の背景をぼかしたり、ピクセルアートなどの効果を画像に適用するなど、直接編集できるようになったとのことだ。

これらの機能は無料のままだ。また、Copilot Proの契約者は、チャット環境で画像フォーマットを縦長と横長の間で簡単に調整し、リサイズすることができる。Microsoftは近日中に「Designer」をCopilotに統合し、ユーザーにさらなる画像カスタマイズオプションを提供する予定とのことだ。

また、Microsoftは本日、同社のAIチャットボットが1年前に一般に公開されて以来、50億のチャットを生み出したと述べた。Mehdi氏はThe Vergeの取材に対し、これらのチャットの約70パーセントが情報検索であったと語った。

Medhi氏はまた、Copilotブランドはこの1年で多くのサービスに追加されたが、最終的にユーザーが目にするCopilotは1つだけになるだろうと述べている。もし人々がCopilot ProやCopilot for Microsoft 365にお金を払いたいのであれば、Copilotは “契約に応じて機能を追加していけばよい “と述べた。実際、今週初めにCopilot for Microsoft 365は変更され、ユーザーはWindowsデスクトップ上のCopilotからアクセスできるようになった。

彼はこう付け加えた:

個人的なCopilotという考え方は、1つのアイデアであり、個人的なIDと仕事用のIDで持っているすべてのロックを解除するものです。

Windows上のCopilotの将来は、AIベースのNPUを搭載したPCの所有者が、システム上でローカルの大規模言語モデルを実行できるようになるかもしれない。Mehdi氏はまた、AIによってWindows PCの所有者が、これまでアクセスできなかったパーソナルコンピュータの機能をより多く使用できるようになる可能性もあると述べている。彼は次のように述べている:

陳腐に聞こえるかもしれませんが、コンピュータを使って驚くべきことをする人々の能力という点で、このことが解き放つものは非常に深遠なものになると思います。

MicrosoftのAIへの取り組みの初年度は非常に忙しかったが、2年目以降には、Copilotやその他の生成AI機能がさらに増えるだろう。

Copilotは無料で、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Safari、またはiOSとAndroid用のモバイルアプリとして動作する。このプラットフォームは、copilot.microsoft.comおよびiOSとAndroidのアプリストアで入手できる。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • foldable iphone
    次の記事

    折りたたみ式iPhoneの開発は続いているが難航しており、発売にはまだ数年かかる

    2024年2月8日 9:13
  • 前の記事

    Appleがテキスト入力による画像編集を可能にする「MGIE」モデルをオープンソースで公開

    2024年2月10日 16:32
    MGIE Instruction Based Image Editing Examples

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事