あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

小型モジュール炉(SMR)は、新世代の核分裂炉として提案されている技術である。SMRは従来の原子炉よりも小型で、一カ所に建設した後、別の場所に運んで設置することができる。最も重要なことは、SMRはまだプロトタイプの段階だということだが、それでもMicrosoft(そして共同創業者であるBill Gates氏)はすでにSMRを動力源とする未来を見据えているようだ。

Microsoftが最近出した求人情報では、同社の新エネルギー構想を率いる原子力技術の専門家を求めている。「Principal Program Manager Nuclear Technology」と題されたこの上級職は、SMRやその他のマイクロリアクター設計を中心とした世界的なエネルギー戦略の開発、成熟、実施においてMicrosoftを支援することを目的としている。

この求人広告には、Microsoft CEOのSatya Nadella・ナデラ氏の言葉が掲載されており、「コンピューティングの次の大きな波が生まれつつある」と述べている。クラウドとAIのアルゴリズムがかなりのエネルギー資源を要求することは注目に値する。そのため、MicrosoftはSMR設計に基づく独自の発電施設建設の可能性を模索しているようだ。

新入社員は、SMRやその他のマイクロリアクター設計をMicrosoftクラウドの既存データセンターに統合するための「技術評価」を主導する責任を負うことになる。理想的な候補者は、原子力技術と規制問題に対する深い理解とともに、エネルギー業界での実務経験を有するべきである。

新しいマネージャーには、共通の目標を達成するために他のグループを特定し、協力する責任があるため、オープンな考え方も必要としている。このポジションの責任には、結果重視のアプローチ、SMR展開のための「包括的な」ロードマップの作成、コスト削減の機会を特定する専門知識、主要ベンダーや業界団体との長期的な戦略的関係の確立などが含まれる。

現在のところ、小型モジュール炉やその他の次世代原子炉はまだ試作段階であり、19カ国でいくつかの装置が開発されている。Microsoftの共同創業者Bill Gates氏は、自身の会社TerraPowerを通じて革新的な原子炉の強力な支持者である。広報担当者はCNBCに対し、TerraPower社がMicrosoft社に原子炉の設計を販売する「契約は現在結んでいない」ことを確認した。

SMRについては期待の反面批判もある。特にその発電コストは政府の補助金に依存してもなお、風力発電や太陽光発電の普及価格には遠く及ばないと見られている。

TerraPowerは明らかに、小型原子炉の新興市場への早期参入を目指しているが、それはSMRだけではない。同社今年初め、同社はHelion Energy社と5年以内に新しい実用核融合エネルギー装置を開発する契約を結んでいる


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする