あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OpenAIとの提携により、Bing検索サービスやWebブラウザのMicrosoft EdgeにChatGPTの技術を導入することを発表したMicrosoftは、OfficeサービスにもOpenAIの技術を導入することを計画しており、これは早ければ3月にも発表されるようだ。

The Vergeによると、Microsoftは今年3月にOfficeサービスにOpenAIのAIテクノロジーを導入する計画で、Bingで導入された独自のPrometheus言語モデルをベースに、ユーザーのインタラクションに応じてシステムがコンテンツを自動生成するChatGPTのようなインタラクションを搭載しているとのこと。

ちなみに、MicrosoftのEdgeブラウザのBingサイドバー統合により、OfficeのWebアプリ内でPrometheusモデルによる執筆支援機能などはすでに使用することが出来る様になっている。

51f60468a31849a9d3d53cdb40e2ef23

このサイドバーには、MicrosoftがWordとOutlookのためにテストしている作業の一部を早期にプレビューできるコンポーズタブが含まれている。情報筋によると、MicrosoftはPowerPoint用のグラフやグラフィックスを生成する方法にも取り組んでいる。Bingはすでに基本的なデータの表やグラフを生成することができるが、それらをプレゼンテーション用の視覚的なグラフィックスに変換したり、Excelで使用することは次のステップとなる。

Microsoftは、すでにOfficeのサービスにAIを組み込んでいるが、OpenAIの技術により、例えばOutlookではユーザーが実際に探している手紙を見つけやすくしたり、適切な会議時間を自動的にスケジュールしたり、さらにはユーザーがより迅速にレポートを作成できるようにするなど、ユーザーのニーズをより理解することができるようになると期待される。

また、Googleは、Gmailでより迅速に手紙を作成したり、文書の内容のハイライトを素早く要約する機能など、人工知能機能をGoogle Docsに統合している。なお、Googleはすでに「Bard」というチャットボットを早期にリリースすることを明らかにしており、今後、関連アプリケーションを発表していく予定だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする