あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoftは、Activision Blizzardの買収計画について、英国競争市場庁(CMA)の承認を得るため、事業の再編成を発表した。同社は、690億ドルに及ぶ巨額の買収が成立した場合、Microsoftが保有することになる現在および将来のActivision BlizzardのすべてのPCゲームのクラウドゲーミング権を15年間、別のゲームパブリッシャーであるUbisoftに売却することを明らかにした。

MicrosoftのBrad Smith社長は、この発表に関するブログで次のように述べている:

事業の再編によって、MicrosoftはActivision Blizzardのゲームを自社のクラウド・ストリーミング・サービスであるXbox Cloud Gamingで独占的にリリースすることも、ライバルサービス向けにActivision Blizzardのゲームのライセンス条件を独占的に管理することも出来ません。

この契約は、Ubisoftにクラウドストリーミングによるゲーム配信を商業化するまたとない機会を提供します。この契約により、Ubisoftは、世界中のクラウド・ストリーミング・サービスにおけるこれらのゲームのライセンスと価格設定において、さまざまなビジネスモデルを革新し、奨励することができるようになります。

UbisoftはMicrosoftに対し、Activision Blizzardのクラウドゲーミングの権利に対して、”使用量に応じた価格設定をサポートするオプションを含む、市場ベースの卸売価格設定メカニズム”とともに1回限りの支払いを行う。Ubisoftは、WindowsベースのOSを使用しないクラウドゲーミングサービスにActivision BlizzardのPCゲームを提供することもできる。

英国CMAは4月、MicrosoftによるActivision Blizzardの買収を阻止した。本日、CMAは “この取引を新たなフェーズ1調査の下で検討する”と発表した。新たな調査に基づく決定期限は10月18日である。

しかし、CMAは、このMicrosoftの新たな取引提案は、同社によるActivision Blizzard買収を承認することを保証するものではないと付け加えた:

これは青信号ではない。我々は、第三者からのコメントも含め、再編成された取引の詳細と競争への影響を慎重かつ客観的に評価する。この新たな取引に関する今後の決定は、成長するクラウドゲーム市場が、イノベーションと選択肢を促進するオープンで効果的な競争から引き続き恩恵を受けることを保証するものである。

CMAはまた、当初提案された取引を阻止する最終命令を執行すべきではないというMicrosoftの提出を却下したことも明らかにした:

Microsoftは、さまざまな理由から、当初の決定から重大な状況の変化があったと主張した。慎重な検討の結果、独立調査グループはこれを却下した。

これが、Microsoftが新たな提案をした理由であろう。Ubisoftは独自の発表を掲載し、次のように述べている:

Ubisoft+マルチアクセスに加入することで、プレイヤーはまもなく、PC、Xboxコンソール、Amazon Lunaを含む複数のプラットフォームで、またUbisoft+クラシックスを通じてPlayStationプラットフォームで、お気に入りのUbisoftとActivision Blizzardのゲームをプレイできるようになります。この契約により、プレイヤーはクラウド・ストリーミングを通じて、最新作だけでなく、愛されている名作タイトルの膨大なライブラリーへのアクセスがさらに向上します。

英国CMAがこの修正案について最終決定を下すまで、あと数カ月待たなければならなくなった。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする