Microsoft、EdgeのネイティブVPNプレビューを正式提供開始

masapoco
投稿日 2022年5月14日 6:35
microsoft edge chromium

Microsoftは、Edgeブラウザ向けのネイティブVPNサービスを正式に発表した。「Edge Secure Network」と呼ばれるこのサービスは、Edge Insidersの限られた人たち向けにCanaryチャネルでプレビュー提供されている。最近、この機能の最初の痕跡がユーザーによって発見されたが、今回、正式に発表された形だ。

Microsoft Edge Secure Networkは、一言で言えば、サードパーティのソフトウェアや拡張機能をインストールする必要がない簡易VPNである。この機能は、プライバシーが確保されないことが多い公共ネットワークで作業する際に、Edgeユーザに安全な接続を提供することを目的としている。Edge Secure Networkを使用すると、IPアドレスを隠し、データを暗号化し、Cloudflareが提供する安全なネットワークを介してトラフィックをルーティングすることが出来る。

特定の国のサーバを選択できる従来のVPNサービスとは異なり、Microsoft EdgeのSecure Networkは、お住まいの地域のサーバを自動的に選択するため、地域に関連したコンテンツを引き続き受信することが可能だ。

Microsoftは、EdgeブラウザのSecure Networkを収益化する予定があるかどうかについては言及していない。同社はプレビュー期間中、テスター向けに少量のデータを無料で提供する(1GB)。これは、ビデオのストリーミングやゲームのプレイには向かないが、意図した条件でこの機能がどのように機能するかをテストするには十分だろう。

Secure Networkを試すには、公式サイトからMicrosoft Edge Canaryをダウンロードし、Microsoftアカウントでサインインする。ブラウザのメニューを開き、「セキュアネットワーク」を選択し、「オン」にすれば可能だ。なお、プレビュー期間中にSecure Networkを使用するには、Microsoftアカウントが必要となる。Microsoftによると、無料データ使用量を追跡するためにサインインが必要で、サービスウィンドウの終了時に関連するすべての情報を自動的に削除するとのことだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • amd cpu
    次の記事

    AMDによる次世代SoC開発者募集はPS5やXboxの改良版のためか?

    2022年6月2日 5:48
  • 前の記事

    NVIDIAの次期GPU GeForce「RTX 4090」はTDPが600Wで24GB GDDR6Xメモリを搭載するとの噂

    2022年6月4日 6:36
    nvidia-gpu-image-top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事