あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

2020年11月にMicrosoftのゲーム機「Xbox Series S」と「Xbox Series X」が初めて発売されてから、約2年半が経った。以来、Microsoftは新世代ゲーム機向けのファーストパーティゲームを作るために、ZeniMax Studiosの全スタジオを含むゲーム開発スタジオを大量に買収した。

Xbox Game Studiosの傘下にあるチームの数は(Microsoftからゲームをパブリッシュしてもらっているサードパーティーのチームを除いて)、現在23にのぼる。数日前のイベント「Xbox Games Showcase」で、そのうちのいくつかが取り組んでいるものを見ることができた。ただし、いずれもXbox Series S/XコンソールとPC向けに制作されているものであり、そこにXbox Oneの名前はなかった。

Axiosとのチャットで、Xbox Game Studioの責任者であるMatt Booty氏は、Microsoftのファーストパーティゲームチームが、同社の古いXbox Oneコンソールでネイティブに動作するゲームを作っていないことを明らかにした。Booty氏は、「我々はGen 9に移行した」と述べているが、これは、市場にあるゲーム機の現世代を表すMicrosoftの呼称である。

Xbox Oneコンソールを所有している場合、Xbox Game Pass Ultimateのサブスクリプションを持っていれば、Xbox Cloud Streamingを介して、Microsoftの将来のファーストパーティXboxシリーズS/Xゲームをすべてプレイすることは可能だ。Booty氏はインタビューの中で、「そうやってサポートを維持していくつもりだ」と述べている。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする