あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft、Azure Remote RenderingのサポートをMeta Quest 2とQuest Proに拡大

Microsoftは最近、Meta Quest 2とQuest Pro向けのAzure Remote Renderingサポートのパブリック・プレビューをリリースし、開発者がクラウド上で複雑な3Dコンテンツをレンダリングし、それをリアルタイムでこれらの仮想現実(VR)ヘッドセットにストリーミングできるようにした。

Connect 2022の期間中、MetaとMicrosoftは、クラウドストリーミングを介してQuest上でWindowsを実行するためのパートナーシップを明らかにした。Microsoft Officeスイートのような生産性アプリケーションとともに、QuestデバイスがMicrosoft IntuneとAzure Active Directoryをサポートすることが発表されたが、詳細については明らかにされなかった。あれから半年、ついに、Azure Remote Renderingのサポートがパブリックプレビューされたのだ。

com.Microsoft.AzureRemoteRenderingShowcaseQuestHT 20230621 150648
(Credit: Microsoft)

Azure Remote Rendering(ARR)は以前、Microsoft HoloLens 2を含む複合現実(MR)デバイスで使用されていた。これは、Azureのコンピューティングパワーを使ってクラウド上で複雑なモデルをレンダリングし、それをリアルタイムでデバイスにストリーミングするものだ。Questの両ヘッドセットでは、ARRはパススルーもサポートしている。

「Quest 2とQuest Proの新しいサポートにより、これらのデバイスに強力なAzureクラウドレンダリング機能を簡単に統合できるようになりました。「この機能は、サービスの使用方法を変更しない方法で追加しました。Quest 2とQuest Proのサポートは、パートナーや開発者からの要望が最も多かった機能の1つです」と、Microsoftは述べている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする